『血と骨』ビートたけし、鈴木京香、崔洋一監督プレミア試写会舞台挨拶

最新ニュース

『血と骨』ビートたけし、鈴木京香、崔洋一監督舞台挨拶 
  • 『血と骨』ビートたけし、鈴木京香、崔洋一監督舞台挨拶 
  • 『血と骨』ビートたけし
  • 『血と骨』崔洋一監督 
完成までに6年を費やした、崔洋一監督による渾身の力作『血と骨』がいよいよ11月6日(土)に公開となる。10月13日(水)にプレミア試写会が開催され、舞台挨拶に主演のビートたけし、鈴木京香、崔洋一監督が壇上した。

自作以外では14年ぶりの主演を務めるビートたけしと鈴木京香の夫婦役が話題になっている本作。3人が出席した記者会見では撮影の苦労話や本音に迫る質問が容赦なくあびせられた。

Q.たけしさんと京香さんの夫婦については?

崔監督「たけしさん演じた金俊平はとにかく強くて凶暴ですし、京香さんも無理強いをされながらも、だんだん母として、女として強くなっていくという人生の変化を見事に演じきってくれました。こうして今、まじまじと2人を見てみると、本当にこの2人が夫婦なのか!? とも思えてきますけど。濡れ場のシーンについては、愛情だけではない2人の関係をそこで予告してしまっているような、そういうシーンになったと思いますね」。

Q.演じたたけしさんは(濡れ場のシーンは)いかがでしたか?

ビートたけし「役者冥利に尽きるかなと思ったら、単なる肉体運動でした(笑)」。

Q.冒頭のシーンからレイプに近い濡れ場があるということで、京香さん自身は出演することにためらいはなかったんですか?

鈴木京香「原作をよく読んだらためらいそうなものなんですが、崔監督のもとでたけしさんと共演できるのならば、やるしかないなと思いました」。

ビートたけし「とにかく監督に言われた通りの演技ができるように頑張ろうと思った。今回は“役者”として鍛えてもらうつもりで出演を引き受けました」。

肉体的よりも精神的にかなり大変だったところはあるんでしょうか?

ビートたけし「身体は今はもう筋肉を落としちゃったけど、今より5キロぐらいはついてたと思いますよ。フィットネスクラブに行ってコーチをつけて、一番重いやつを3か月ぐらい毎日持ち上げていました。筋肉つけるためにプロテイン飲んだりしてたから、アテネオリンピック行ってたら逮捕ですよ、ドーピング検査で」。

Q.でもお腹はぽっこり膨らんでましたが?

ビートたけし「腹筋は、つけようと思えばできるけど、その時代にボディビルダーみたいに鍛えてる人なんていないでしょ? だから肉体労働をやっていてもお腹はぽっこりしてるの。それでお腹だけはやんなかった」。

Q.そういう意味では、実在の人物に似せようと考えたのですか?

崔監督「うん、あのね、観てもらえばわかりますけど、たけしさんの身体は色っぽいですよ。僕が一番たけしさんの身体を上から下まで見てますけど、色っぽいんです。僕もびっくりしましたね。クラっときちゃうんですよ。何で? と思うんだけど、ときどき肩から胸にかけての線がそそるんですよ」。

ビートたけし「淀川さんに見せたかったね(笑)」。

Q.主演をなさるのはご自身がメガホンを取られたとき以来ですが、あえてこの時期にそれを望まれたということは、たけしさんにとっても大きな収穫があったのでしょうか?

ビートたけし「監督と主役を兼ねていると、自分が役者で出演していて面倒くさいときは監督として、『ハイOK』って言っちゃうのね。それを何年も続けていると自分の役者としてのキャリアがまるっきりなくなってきちゃって、他人に言われたこともできなくなっているのに気づいて。この話は6年ぐらい前からあったんだけど、この機会に役者として徹底的に鍛えてもらおうと思ったんです。そうしないと次に撮る映画のときに、まただらしない役者をやってしまうんで。そういう意味でもう一度リフレッシュしたいという気持ちはあったんですが、リフレッシュのつもりがひどい目に遭いました(笑)」。

Q.役者さんの気持ちがこれでまた随分わかったのでは?

ビートたけし「“役者冥利に尽きる”という意味がわかった。一発勝負のところとか、セットを壊すシーンなんかは、ここでNG出したらまた一から組み直さなければならないから、ものすごくテンションを上げていかなければならないし、なおかつ殺陣師が言った通りに順序立てて体を動かなければならないとか。それを土砂降りの雨の中で死にそうになってやってるんだけど、うまくできたときに、あーやっとできた! と思って、『あ、これが役者冥利に尽きるってことなんだ』と。やり遂げた充実感がすごいわかった。

Q.原作にはなかった、少女が自殺した後の通夜の席でたけしさんが倒れていくというシーンで、本当にたけしさんがそのまま倒れてしまうんじゃないかというぐらいリアリティがあったんですけど。

ビートたけし「原作の梁さんの話を聞いたら、あれはあえて書いてないんだけど実話なんだって。あの日は一日大変だったんですよ」。

Q.でもあの目線の先には妻の京香さんがいて、これまでにないホロっとした表情も見られるというか。

鈴木京香「私はいつも憎い眼差しで睨んでばかりでしたから(笑)」。

崔監督「たけしさんがやっぱりすがったんですよ、京香さんに。憎み合った夫婦でも、死というものが圧倒的に目の前に現れたときにすがったのは、ファーストレディである英姫だったという、それがやっぱり人間関係の単純には割り切れないところなんじゃないかな。たけしさんの顔もよかったし、そこで『もうお前なんかとの縁は断ち切るぞ』という英姫の顔も好きなんですね」。

Q.京香さんはこの夫婦関係と俊平という男性について、どのように感じましたか?

鈴木京香「多くの女性はみな、そうだと思うんですが、なぜ最後まで憎い夫と一緒にいるのかわからない。でも結局、英姫にとって俊平を通して得た感情が自分を強くしていたわけで、俊平がいなかったら英姫の人生とは何だったのか…。(英姫にとって俊平は)存在証明だったんだなと思いました。風変わりで難しいけれども本当に生き抜いた女性の、面白い役を演じさせてもらったなと思っています」。

Q.社会にも時代にも取り残されて、狭い地域社会でしか生きられない人間たちがよく描かれていると思いますが、少しでも(夫である)俊平を愛しく思う瞬間はあったのでしょうか?

鈴木京香「愛していたんだと思います。私たちにはわからないけれど、やっぱり繋がっていた2人なんだと思います」。

Q.あの中で帝王のようになっていく俊平が本当に手に入れたかったものは何だったと思いますか?

ビートたけし「家族の愛です(笑)。不器用だから暴力という形をとるだけであって、本当は優しい男なんだと思います。家族の愛を求めているのにうまくできなくて、愛人を囲ったり外で子供をつくったりしたのではないかと。結局は暴力に訴えてしまうけど、実は悲しい人なんじゃないかな。だから“怪物”なんだろう」。

Q.『クイール』とは全く正反対の映画になってますけど?

崔監督「いま僕がいろんなことをやりたがっているからでしょうね。『クイール』『クイール』でよかったと思うし。『血と骨』では生々しい人間関係を描きたかった。そういう意味では長生きする映画だと思う。ワッと感動がきて、ワッと笑いがきて、スッと消えていくようにはならない。確かに重い映画なんですが、僕の中に生まれた重さと軽さの2つが秩序なく混在している映画だと思います。僕は人間が大好きで、どんな人間でも好きになれるけど、好きになった瞬間にどこかで憎しみを持つ。人間は業の深い生き物だと思います。たけしさんと京香さんに夫婦を演じてもらって、一番いい時期にこの3人がクロスできたなという思いは強くあります」。

Q.在日がテーマということで、韓流ブームに湧く今の日本でこの映画が上映されることについてはどう思いますか?

崔監督「感慨は全然ないです。今の韓流ブームはものすごい熱い波になっているけど、そこからは一歩外れたところで僕なりの世界観を提示しているわけであって、両方あってもいいと思う。ヨン様が好きな人みんなに「こっちにおいで」とは言いませんから(笑)。それぞれ共存していていいと思うし。ただ時代が変わっても『血と骨』は非常に長いスパンで観客のみなさんに受け入れられていくと思う。まあ負けるわけにはいかないでしょう!」

『月はどっちに出ている』に続いて在日韓国人を描いた本作は、釜山映画祭でも注目を集め、崔監督は100人以上の女子校生にサインをせがまれたそうだ。特に若者が熱心に観てくれたことに「今の韓国映画を支えている観客の力を強く感じた」と言う。それについて、国際映画祭では先輩でもあるビートたけしは「日本映画とか韓国映画とか分けるのではなく、一本の映画として観ればいいんじゃないか」と世界を舞台に活躍する映画監督ならではの発言を残した。

ビートたけし、鈴木京香を始めとして今の日本映画界を代表する最高の俳優たちが集結した『血と骨』は11月6日(土)より丸の内プラゼールほか全国にて公開となる。「人間は単純だが、単純の底にある複雑さを、金俊平や英姫だけでなく自分の中にも感じられるような見方をしていただければ」という崔監督の期待に、観客がどこまで応えられるのか楽しみだ。
《text:cinemacafe.net》
page top