『コックリさん』アン・ビョンギ監督、イ・ユリ、イ・セウン来日インタビュー

最新ニュース

『コックリさん』イ・ユリ、イ・セウン
  • 『コックリさん』イ・ユリ、イ・セウン
  • 『コックリさん』 -(C)- A-POST PICTURES/TOILET PICTURES All rights reserved.
  • 『コックリさん』アン・ビョンギ監督
今年で20周年を迎えた東京国際ファンタスティック映画祭(10/14〜10/17)。その記念すべきクロージング作品に選ばれたのは、『ボイス』で日韓の映画界を震撼させたアン・ビョンギ監督による『コックリさん』だ。韓国ホラーの旗手が放つ新たな恐怖の世界をいち早く見届けようと、10月17日(木)、会場には多くのファンが駆けつけた。上映後の興奮もまだ冷めやらぬ中、アン・ビョンギ監督、主演のイ・ユリ(写真左)とイ・セウン(写真右)にインタビューを行った。

携帯電話をテーマにした『ボイス』で韓国映画界に一躍その名をとどろかせたビョンギ監督。作品の凄惨な世界観から、どんなすごい風貌の人が出てくるのだろう? とドキドキしていると、すらりとした長身にスーツがよく似合う俳優のような甘いルックスの男性と、人形のように可憐な2人のヒロインが姿を現した。

女子高生・ユジン、女教師・ウンジュを始めとして、本作の鍵を握るキャラクターはすべて女性だ。ほとんどの主要キャストに女性を起用した理由について監督は「(今作のテーマとなった)情念や怨恨は、男性よりも女性を主体にしたほうが圧倒的に描きやすくリアリティがあった。だから自然に女性が対象になっていった」と語った。

本作でキム・インスク役に抜擢されたイ・ユリは、映画デビュー作にしてミミズを食べるという怪演を見せた。さてそのお味はというと…「生きダコだと思って食べたのでそのときは夢中で気がつきませんでした。後で知って驚きましたが、結果的にそのシーンではあまり効果的に使われていなかったので少し残念でした」と末恐ろしい発言。一方のイ・セウンは大きな眼に長いまつ毛が印象的で、まさに美少女という言葉がふさわしい。「目に見えない恐怖を表現するのに苦労した」というこの可憐な少女が同級生から受ける陰惨ないじめは、ある意味呪いよりも観ていて恐ろしいかもしれない。

ところでファンにとってどうしても気になるのはビョンギ監督自身が好きなホラー映画だろう。『シャイニング』『エクソシスト』『エイリアン』『オーメン』…などたくさんのタイトルを挙げた後、「つまり全部好きなんだけどね」と笑った。日本のホラー映画では『リング』『死国』、そしてもちろん『着信アリ』も鑑賞済みとのこと。ちなみに『死国』ヒロインの栗山千明もやはりストレートのロングヘアがトレードマークだが、「洗練されていてよい女優だと思う」と監督も絶賛していた。

そんなアン・ビョンギ監督にホラー以外で手がけてみたいジャンルを聞いてみると、“武林物(アドベンチャー)”という答えが返ってきた。「5年以内にはやってみたい」という言葉に早くも期待が高まるが、まずはこれまでの集大成でもある『コックリさん』で思う存分に恐怖の世界を堪能していただきたい。
《text:cinemacafe.net》
page top