『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』加瀬亮、メイビス・ファン、チェン・ボーリン、伊東美咲、塚本高史、リー・シャオルー来日記者会見

最新ニュース

『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』加瀬亮、メイビス・ファン、チェン・ボーリン、伊東美咲、塚本高史、リー・シャオルー来日記者会見 メイン
  • 『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』加瀬亮、メイビス・ファン、チェン・ボーリン、伊東美咲、塚本高史、リー・シャオルー来日記者会見 メイン
  • 『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』加瀬亮、メイビス・ファン、チェン・ボーリン、伊東美咲、塚本高史、リー・シャオルー来日記者会見 サブ1
  • 『アバウト・ラブ/関於愛(クワァンユーアイ)』加瀬亮、メイビス・ファン、チェン・ボーリン、伊東美咲、塚本高史、リー・シャオルー来日記者会見 サブ2
東京、台北、上海というアジアの3都市を舞台としたグローバル時代に相応しいラブストーリーが完成した。異なる文化と違う言語をもつ2人が出逢い、生まれる繋がりを描く本作は文字通り「愛について」の物語だ。監督は日本編を『イノセントワールド』やサザンオールスターズらのミュージック・ビデオを手がける下山天、上海編を映画・CMなどのジャンルを超えてマルチに活躍する映像クリエイターのチャン・イーバイ、台北編を『藍色夏恋』で高い評価を得たイー・ツーイェンがそれぞれ担当した。3作すべてに今の日本映画界を代表するキャストが出演し、同じくアジア映画界を担う期待の若手たちとの共演を果たしている。その監督とキャストが揃って来日記者会見が開かれた。


伊東美咲「渋谷スクランブル交差点での撮影は人が多かったので苦労しましたが、空き時間には監督とチェンと3人で話をしたり仲良くすごしました。」

チェン・ボーリン猫とのシーンでは楽しく遊んでいるように見せなければならないのに猫が言うことをきかなくて時間がかかりました。」

メイビス・ファン「会ったばかりの加瀬さんと親密なシーンを演じるのが難しかったです。」

加瀬亮「言葉の問題はありましたが、監督が事前にCDをくれたりして映画のトーンがわかっていたので、現場では楽しかった思い出しかありません。」

リー・シャオルー「雨にぬれるシーンは大変でしたが、監督は演技に対して厳しい方なので自分にとってもいいチャレンジになったと思います。」

塚本高史「上海の撮影スタイルに戸惑うことはありましたが、セリフ以外の言葉も覚えて勉強になりました。」


下山監督は東京編で「(伊東と)同世代の人々の等身大の気持ちを描きたかった」という。「チェン・ボーリンの役は『藍色夏恋』で彼が演じた主人公が成長し、東京に留学してきたというつもりで描きました」。キャスティングのために来日した際は8時間も加瀬と話し込んだという台北編のイー・ツーイェン監督。「映画の本質について話し合った上で、実際の演技は役者に任せました。ラストシーンでの加瀬とメイビスの演技には2人の気持ちが肉体で表現されています」。また、現場では厳しかったという上海編のチャン・イーバイ監督は「世間に与えられているイメージとは違う上海を撮りたかった。言葉の壁はあまり感じず、むしろそれを取り払ったものを大切にしたかった。この映画の中で塚本とリーには本当に恋をしてもらいたかったのです」と語った。

さらに、それぞれのパートで共演した2人にお互いの魅力を語ってもらった。


・東京編
伊東「人なつこくて日本語の勉強に熱心です。」
チェン「キレイ、オモシロイ…一見大人っぽいが、実は子供っぽいところもある。現場では僕につきあって一緒に遊んでくれたりいい意味でナチュラルな人。」

・台北編
メイビス「すべてが魅力的でしたが、特に声が素敵だと思います。」
加瀬「とても正直で、大胆さと繊細さを合わせ持った人です。」

・上海編
リー「中国の男優に比べて骨っぽく、すごくかっこいい。仕事に対して真面目で誇りを持っている人だと感じました。」
塚本「正直で素直な人。映画の中の役柄と同じような関係を実際にも築くことができました。」


伊東とチェンは今でもメールをやりとりする仲だという。チェンに伊東に習った日本語を聞くと「ココデハオシエラレナイ」と冗談を飛ばす余裕も。言葉、土地、文化、愛…違うことと変わらないもの。この映画の中でそれを見つけてみたい。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top