『レアル ザ・ムービー』キックオフ・スペシャルプレビュー記者会見

最新ニュース

『レアル ザ・ムービー』キックオフ・スペシャルプレビュー記者会見 メイン
  • 『レアル ザ・ムービー』キックオフ・スペシャルプレビュー記者会見 メイン
世界有数のスペインサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラ。その中でもロナウド・ベッカムなどのスタープレイヤーを擁するレアル・マドリッドは“銀河系最強集団”と呼ばれ、世界中のサッカーファンを魅了している。大型の台風が日本列島に上陸した7/26、時同じくして銀河系最強軍団たちが日本にやってきた!

場所は六本木ヒルズアリーナ、最初に今回のイベントのダイジェスト映像がスクリーンに写し出されると、待ちわびたファンから歓声があがった。登場したのは、MFのベッカム、グディ、FWのロナウド、GKのカシージャス、プロデューサーのマイケル・ノバック。前日行われた東京ヴェルディとの親善試合で、0-3とまさかの零敗という結果に終ってしまった最強(?)軍団たち。それに加えハードスケジュールの中での会見に、ごきげんナナメかと思いきやそれほどでもない軽快な表情だ。

ベッカム「日本に来れて非常に嬉しく思っています。昨日の試合は残念な結果に終ってしまいましたが、これからに期待していてください。」

『レアル ザ・ムービー』はチームのドキュメンタリー映像に加えて、東京・ニューヨーク・ヴェネズエラ・セネガル・マドリッドを舞台に、選手にまつわる5つのストーリーが動く。ドキュメンタリー性に加えて、エンターテインメント性が高い作品となっている。
東京を舞台にしたシーンに出演しているベッカムは「個人的に東京は非常に好きな場所です。ファンの人たちはもちろん、たくさん好きな場所やものがあります」と甘い笑顔で東京への思いを話した。

チームがプロデューサーとして参加した初の公認映画となる本作は、今まで見ることができなかったロッカールームや練習の合間に見せる素顔が垣間見られる、世界初の貴重な映像が満載だ。普段カメラが入ってこない部分を撮られることについては、カシージャス「カメラがいるという状況は珍しいことなので慣れないこともありましたが、アイディアはとてもおもしろかったし、美しいことだと思うので良かったです」と余裕をみせた。

そもそも世界中の老若男女たちがレアル・マドリッドに惹かれる理由とは何なのだろうか?

グディ「このクラブは自分が一番大好きなチームで、サッカーをやらせてくれる機会を与えてくれたとても大切なチームです。そこでプレイできることは、非常に良い機会を与えられていると思っています。愛情としてパッションを感じます。」

作品中にも、世界中の子供たちがレアルに憧れているシーンがある。

ロナウド「サッカーは私にとって人生そのもので、多くの機会を与えられ多くのことを学んできました。犠牲を生むような辛いこともありましたが、メンタル的な部分を含めてたくさんのことを学びました。映画の中でもそういったサッカーのいろいろな面を表現しているので、多くの子供たちに観てほしいです。」

花束贈呈で現われたのは、東京編のヒロインを演じる太田在さん。元気いっぱいのキュートな笑顔に、この時ばかりは選手たちも鼻の下がのびていた様子(笑) ワールドカップイヤーを目前に“銀河系最強集団ムービー”は、大きな旋風を巻き起こしてくれるに違いない。
《text:cinemacafe.net》
page top