女優が輝く秋映画 vol.1 妖しいまでの美しさ。『ブラザーズ・グリム』のモニカ・ベルッチ

最新ニュース

『ブラザーズ・グリム』 メイン
  • 『ブラザーズ・グリム』 メイン
  • 『ブラザーズ・グリム』 サブ2
イタリアの宝石といえば、モニカ・ベルッチ。その美貌で、世界を魅了する美女ですが、美しいだけではないのは映画ファンならご存知のはず。フランシス・フォード・コッポラ、ジュゼッペ・トルナトーレ、ウォシャウスキー兄弟ら王道を行く映像作家の作品に出演したかと思えば、ヤン・クーネン、ギャスパー・ノエといった、鬼才たちとも喜んで仕事をする勇気ある女優です。

そんな彼女の新作は、ハリウッドの風雲児テリー・ギリアムの『ブラザーズ・グリム』。「赤ずきん」「眠れる森の美女」を初めとする数々のグリム童話のモチーフを随所に散りばめながら、グリム兄弟の秘密に迫るファンタジー大作です。ここで彼女が演じているのは、単なる美女ではありません。それは村人たちを脅えさせている邪悪な魔女。500歳(!)でありながら、20歳の処女にも姿を変え、男を惑わす悪女役なのです。

本作での彼女の役目は、グリム兄弟を誘惑するだけでなく、男性観客をも魅了すること。先日来日したギリアム監督によれば、「マット・デイモン、ヒース・レジャーというイケ面が登場しているから、女性客は大丈夫。だから、男性客を魅了するために登場するのがモニカ」とか。いえいえ、ギリアム監督殿。魅了されるのは、男性客ばかりではありません。目も眩むばかりの煌びやかなドレスに身を包んだモニカは、ドレスに引けをとらない美しさ。女性だってうっとりしてしまうのです。ただし、現実離れしたその美貌ゆえ、あまり見つめてばかりいると、魅入られて石になりそうなので、お気をつけくださいませ。

実生活では、パートナーであるヴァンサン・カッセルとの間に一児を設けたばかりの彼女ですが、母性的な美しさも加わって、より一層その美貌に磨きがかかっている様子。妻であるモニカの方が世界的に活躍しすぎたせいなのか、一時は夫婦の危機が囁かれましたが、どうやらそれも単なるゴシップだったよう。着実にキャリアを築き、幸せな家庭生活も譲らない。そんなモニカ・ベルッチは、働く女性たちの理想像なのかもしれませんね。

《text:June Makiguchi》
page top