『秘密のかけら』レビュー

最新ニュース

『秘密のかけら』 サブ1
  • 『秘密のかけら』 サブ1
芥川龍之介に「藪の中」という小説があります。ある殺人事件に居合わせた男女3人の証言がすべてくい違い、真相は迷宮入りしてしまうというものです。本作でも“秘密のかけら”は随所に提示されるものの、結局、登場人物たちの思惑はすべて想像の域を出ません。まさに真実は「藪の中」…。そもそも他人の腹の中なんてわからないのですし、自分自身のことだって私たちは本当にわかっていると言えるのでしょうか。さらに真実を暴くことが必ずしも幸せとは限りません。真実を知った者は、真実のその先にあるものと向き合っていかなければならないのです。ついでに若き日から現在までの変化を見事に演じきったケヴィン・ベーコンの年齢不詳ぶりの秘密も知りたいところです。

《》
page top