『博士の愛した数式』レビュー

最新ニュース

『博士の愛した数式』 サブ1
  • 『博士の愛した数式』 サブ1
原作を読んで、筆者・小川洋子が紡ぎ出す、淡々としながらも的確で温かな人物描写に惚れ込んだ私。そのせいか、小説よりもややドラマティックに演出された映画には、「あれ、イメージと違うな」と思う部分も。ただ、“佇まいだけで泣かせる俳優”寺尾聰はハマリ役! 『半落ち』を思い出したりして…。それから、“博士が愛した数式たち”を丁寧に説明してくれているのが有難かった。数学アレルギーの私でも良く理解できたので、数字ギライの方もご心配なく。浅丘ルリ子、深津絵里、吉岡秀隆という日本映画界を代表する芸達者たちが魅せる演技のアンサンブルも魅力です。

《text:June Makiguchi》
page top