『博士の愛した数式』レビュー

最新ニュース

『博士の愛した数式』 サブ2
  • 『博士の愛した数式』 サブ2
女優の中には偏って異性に人気がある人もいますが、同性からの指示がバツグンに高い女優のひとりが深津絵里だと思います。本作では博士の家で働く家政婦・杏子を演じていますが、今回は初の母親役に挑戦。いつ見ても清々しく、凛とした姿は女性としてあこがれます。ストーリーは昨年の話題作『50回目のファースト・キス』『私の頭の中の消しゴム』などと同じ“記憶”をテーマにしたもの。突然“忘れる”という恐怖は否めませんが、何を忘れたくないか、すなわち自分にとって何が大切なのかを前向きに考えさせられます。原作者の小川洋子さんもうならせた本作、もちろん原作を読んでいなくても同じくらい心動かすものを感じるはずです。

《》
page top