『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』レビュー

最新ニュース

『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』 メイン
  • 『白バラの祈り−ゾフィー・ショル、最期の日々』 メイン
打倒ヒトラーを市民に呼びかけた実在のグループ“白バラ”の女性メンバーであったゾフィー・ショル。捕まれば確実に死刑が待ち受けていることを知りながらも行動する彼女のどこからその勇気が湧いてくるのでしょうか? 同じ女性として、彼女の強さに圧倒されてしまうところもありましたが、ゾフィーは決して極端に他の女性よりも強靱であったわけではありません。淡々と、静かに、良心を信じて政府に立ち向かう彼女は、同時に音楽を聴き、恋をし、普通の女子学生であったことに気づかされます。政府に対する怒りや悲しみも、単なる正義感だけではなく、犬死している大勢の兵士の中に彼女の婚約者も送り込まれているからこそ感じるものなのでしょう。戦争をテーマにした映画ではなく、ひとりの女性の物語として観て欲しい作品です。

《》
page top