『ヘイフラワーとキルトシュー』来日記念パーティ

最新ニュース

『ヘイフラワーとキルトシュー』来日記念パーティ メイン
  • 『ヘイフラワーとキルトシュー』来日記念パーティ メイン
  • 『ヘイフラワーとキルトシュー』来日記念パーティ サブ1
  • 『ヘイフラワーとキルトシュー』来日記念パーティ サブ2
今秋、北欧からポップでカラフルな映画が日本にやってくる。ムーミンの国、フィンランド生まれの『ヘイフラワーとキルトシュー』は幼い姉妹を主人公にした心あたたまる、ちょっとファンタジックな物語だ。公開に先駆けて、カイサ・ラスティモ監督、そしてヘイフラワー役とキルトシュー役を演じたカトリーナ・ダヴィとティルダ・キアンレトがはるばる来日、キュートなゲストを迎えて来日記念パーティが開催された。パーティには初めて翻訳監修に挑んだモデルのSHIHOも登場。華やかな会場は多いにもりあがった。

カトリーナ・ダヴィは800人もの応募の中からヘイフラワー役に大抜擢された。日本にはフィンランドにはない高層ビルがたくさんあって面白い、とコメントした。12歳という年齢以上に大人っぽい印象の彼女、日本滞在中にはサンリオ・ピューロランドや回転寿司に行く予定だという。

ティルダ・キアンレトは若干6歳で本作の主役のひとり、キルトシューを見事演じた。カトリーナとは撮影中、休憩時間も一緒にいて、おしゃべり・お絵かき・人形遊びとまるで本当に姉妹のように仲良くしていたそうだ。

「まさかこの映画と日本に来ると想像もしていませんでした」と驚きをかくせないカイサ・ラスティモ監督。カトリーナとティルダとはまるで親子のように見え、会見中も時には耳打ちをして笑いあっていた。

フィンランド映画としては国内歴代興行1位を記録。インテリア、雑貨、美しい自然、とカラフルな魅力がつまった本作を観終わった後はきっとハッピーな気持ちになれることまちがいなしだ。
《text:cinemacafe.net》
page top