『間宮兄弟』祝・大ヒット記念!一夜限りの兄弟漫才!?

最新ニュース

『間宮兄弟』・大ヒット記念!一夜限りの兄弟漫才!?祝メイン
  • 『間宮兄弟』・大ヒット記念!一夜限りの兄弟漫才!?祝メイン
  • 『間宮兄弟』・大ヒット記念!一夜限りの兄弟漫才!?祝サブ1
  • 『間宮兄弟』・大ヒット記念!一夜限りの兄弟漫才!?祝サブ2


単館作品ながら異例のランキングトップ10入り。公開から約1ヶ月経った今でも劇場動員数を伸ばし続けている『間宮兄弟』。この大ヒットを記念して、6月7日(水)、主演の佐々木蔵之助、塚地武雅(ドランクドラゴン)が恵比寿ガーデンシネマに登場!一夜限りのコンビを結成し、爆笑の兄弟漫才を繰り広げた。

この日のチケットは即完売。2人の漫才を見るために朝3時から並んだ人もいるほどの熱狂ぶりだ。最終回上映後の会場に、映画の衣装で登場した二人は大きな拍手で迎えられ、弟・塚地が書き下ろしたという新作の漫才を披露した。



「医龍」ならぬ“医豚”、『海猿』ならぶ“海豚”ネタから、「笑っていいとも」のタモリ式拍手ネタまで、兄・佐々木がボケると、弟・塚地がすかさずツッコミをいれる。まるでベテランコンビのようにテンポよく進んでいく漫才に、客席からは終始笑いが。

初挑戦とは思えないほどのキレの良さをみせた佐々木について、塚地も「鈴木(本物の相方)よりもやりやすいし、テンポがでる!」と絶賛。打ち合わせも前日にたった20〜30分合わせたのみで、あとは朝まで飲んでいたというから驚きだ。

漫才のほかにも、質問タイムやじゃんけん大会など、映画同様にどこか懐かしくそして愛らしいイベントが行われ、観客は全員大満足の様子。主演の2人も「俳優としての初めての作品が、こんなに愛される作品でうれしい。引き続き応援よろしくお願いします」(塚地)「僕もこの映画が大好きで、こんなに多くの人に愛してもらえて感無量です」(佐々木)と感謝の言葉が寄せられた。

最後は客席に下りて、観客と一緒に記念撮影。もちろんシャッターを切る掛け声は、“ま・み・や”!

『間宮兄弟』
配給:アスミック・エース
劇場情報:恵比寿ガーデンシネマ、シネ・リーブル池袋、新宿武蔵野館ほか全国にて公開中
《text:cinemacafe.net》
page top