『カーズ』山口智充、パンツェッタ・ジローラモ初日舞台挨拶

最新ニュース

『カーズ』初日舞台挨拶メイン
  • 『カーズ』初日舞台挨拶メイン
  • 『カーズ』初日舞台挨拶サブ1
  • 『カーズ』初日舞台挨拶サブ2
先日3年ぶりの来日をはたしたジョン・ラセター監督による6年ぶりの最新作『カーズ』が7月1日(土)全国650スクリーンで公開した。『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』を2年連続アカデミー賞作品賞受賞の栄冠に導き、全世界に感動と興奮を贈り続けてきたジョン・ラセター監督作品だけに、大きな期待がよせられる初日となった。



初日舞台挨拶には、日本語吹替え版で主人公ライトニング・マックィーンの親友、メーター役を担当した、山口智充と、ルイジ役を担当したパンツェッタ・ジローラモが登場。早朝の回にもかかわらず家族連れやカップルで埋め尽くされた満員の客席からは、大きな拍手が沸き起こった。

山口さんは「メーターはとてもいいやつです。皆さん応援してやってください。メーターは歯が出ていて自分自身のしゃべり方も、それに真似て歯が出ているように演じました」とキャラクターの紹介。かぶりものについては、「世界に1つしかないものなのでとても貴重なものです。監督のジョン・ラセターも驚いていました」と、自分の名前が入った一品物を披露した。



イタリア車ルイジを演じたジローラモさんは、自身が免許をとった時、はじめて乗った車が今回演じたフィアットだった思い出を楽しげに語り、はじめて挑戦した吹き替えについて「難しくて大変だったけど、イタリア人の気持ちで演じられて面白かった」と感想を述べた。

舞台挨拶の最後に、これから見る観客へ向けて、山口さんは「これから見ていただけるので、色々言うのはやめて、純粋に楽しんでみてください。大人の方もいつか忘れてしまった子供の時の気持ちをふっと取り戻せる映画です」、ジローラモさんは「何度見ても楽しめる映画です。だから全てを楽しんでください」と映画魅力を伝えた。

『カーズ』
劇場情報:7月1日より日比谷スカラ座ほか全国大ヒット公開中
(C)Disney / Pixar
《text:cinemacafe.net》
page top