『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』日本映画史上歴代3位の大ヒットスタート

最新ニュース

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』初日メイン
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』初日メイン
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』初日サブ
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』日本映画史上歴代3位の大ヒットスタート

7月15日、16日、17日の3日間、先行上映で新記録を樹立した『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』が22日、全国約762スクリーンで遂に公開された。

メイン館の有楽町丸の内ピカデリーも含めて全国各劇場には朝早くから観客がつめかけた。各劇場とも家族、カップル、年配層と非常に幅広い年齢層に加えて、更にジャック・スパロウなど登場人物の衣装を着たコスプレ客も来場し満席、立ち見の劇場が続出。パンフレットの購買率は通常作品では10%のところ異例の25%を、関連グッズも『ハリー・ポッター』と同等以上の販売などの物販も絶好調な売れ行きをみせたほか、周辺のショップには「なりきり海賊セット」が販売されるなど、社会現象ともいえる公開初日になった。

初日・2日目の興収(先行上映含む)は19億2,982万5,700円、動員142万1,738人と、今年公開された話題作『ダ・ヴィンチ・コード』『M:i:III』を超える、今年ナンバー1、2003年の『マトリックス・リローデッド』、2002年の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』に次ぐ、日本映画史上歴代3位となる大ヒットスタートを切った。

全米でも勢いはまったく衰えず、週末に興収3,500万ドルを記録し7月22日はに興収3億ドルを突破。公開16日目での3億ドル突破は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』が記録した17日間を上回る、全米史上最速となり、全米での新記録ラッシュはまだまだ続いている。


先日来日したジョニー・デップのコメント:
「今回、色々な国にキャンペーンで行きましたが、日本のプレミアなどキャンペーンは一番素晴らしかったと思います。全米を初め、世界中でヒットしていますが、日本でも大ヒットすることを祈っております。」

・全世界歴代興収記録
1. 『タイタニック』1997年 18億3530万ドル
2. 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』 2003年 11億2921万ドル
3. 『ハリー・ポッターと賢者の石』 2004年 9億6865万ドル

・全米歴代興収記録
1. 『タイタニック』 1997年 6億78万ドル
2. 『スター・ウォーズ』 1977年 4億6093万ドル
3. 『シュレック2』 2004年 4億3647万ドル

・日本・オープニング興収(先行上映含む、(ブエナ ビスタ調べ邦画・アニメは除く)
1. 『マトリックス・リローデッド』 2003年 22億2258万4550円
2. 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 2002年 20億5487万8350円
3. 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』 2005年 18億7942万3200円

・日本歴代興収記録(邦画・アニメは除く)
1. 『タイタニック』 1997年 約262億円
2. 『ハリー・ポッターと賢者の石』 2001年 約202億円
3. 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 2002年 約175億円


『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
劇場情報:7月22日より全国超拡大公開
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
《text:cinemacafe.net》
page top