コリン・ファレル&ジェイミー・フォックス『マイアミ・バイス』ワールドプレミア in LA

最新ニュース

『マイアミ・バイス』ワールドプレミアメイン
  • 『マイアミ・バイス』ワールドプレミアメイン
  • 『マイアミ・バイス』メイン
  • 『マイアミ・バイス』ワールドプレミアサブ1
  • 『マイアミ・バイス』ワールドプレミアサブ2
7月28日の全米公開に先がけ、7月20日(木)[日本時間7月21(金)11:30AM]、映画『マイアミ・バイス』ワールドプレミアがロサンゼルスにて行われ、監督&キャストがレッドカーペットに登場した。

80年代に一世風靡した伝説的TVドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」のプロデューサーを務めたマイケル・マン監督自らの監督・脚本により、新たに映画化された『マイアミ・バイス』。主演にはハリウッド若手の注目度No.1のコリン・ファレルと、『Ray/レイ』のオスカー受賞も記憶に新しいジェイミー・フォックスを起用。ヒロインに『SAYURI』でハリウッドデューを果たした、元祖アジアン・ビューティのコン・リーが新境地を拓く。

『ヒート』『コラテラル』のマイケル・マンならではの“闘う男の美学”で描ききったハード&スタイリッシュな『マイアミ・バイス』。今週末の全米公開に期待が膨む。

コリン・ファレル「話をもらった時、ジェイミーの出演は決まっていて迷わずOKした。ダイナミックでスタイリッシュで大規模な映画になることは確実だしね。マン監督の作品だからキャラクターの心理もじっくり描かれることになると分かっていたよ。」

ジェイミー・フォックス「(本作について)マン監督の経験と才能が加われば、そこらへんのリメイク映画とは違う確固たる作品になると思っていたよ。皆さんがお金を払って映画館に足を運んでくれるような傑作にね。」

コン・リー「今回の出演に関して最大の喜びは、偉大なフィルムメーカーと素晴らしい2人の役者と一緒に仕事をするまたとない機会をもらえたことね。」

マイケル・マン監督「今回は、テレビをもとにした映画をつくるというより、テレビシリーズの魂の部分(マイアミという舞台、ソニーとリカルドというキャラクター、潜入捜査)を現在の視点でフレッシュに描くことを意識したよ。」

『マイアミ・バイス』
配給:UIP映画
劇場情報:初秋、日劇1ほか全国にて公開
©2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
《text:cinemacafe.net》
page top