オープニング作品『父親たちの星条旗』決定「第19回東京国際映画祭」記者会見

最新ニュース

『父親たちの星条旗』メイン
  • 『父親たちの星条旗』メイン
  • オープニング作品『父親たちの星条旗』決定、「第19回東京国際映画祭」記者会見
  • 『犬神家の一族』サブ1
毎年話題作がそろい、海外からもゲストが多数来場するアジア最大級の国際映画祭、東京国際映画祭が今年も10月21日〜29日に開催される。7月31日に行われた記者会見では本年度映画祭の開催概要や、現時点で決定している作品等が発表され、ゲストとして市川崑監督と女優の工藤夕貴さんが登壇した。

オープニングを飾るのは、クリント・イーストウッドが第二次世界大戦、硫黄島の戦いを描いた話題作、『父親たちの星条旗』。クロージングは石坂浩二、松嶋菜々子主演、市川崑監督作品『犬神家の一族』。19回目を迎える今年、今後の上映作品の発表にも注目が集まる。


・国際審査委員発表
審査委員長:クロード・ルルーシュ
審査員:工藤夕貴
審査員:マルコ・ミュレール

・オープニング、クロージング作品発表
オープニング作品:『父親たちの星条旗』(監督:クリント・イーストウッド)
クロージング作品:『犬神家の一族』(監督:市川崑)

・特別招待(オープニング/クロージング含む9作品発表)
『7月24日通りのクリスマス』
『王の男』
『世界最速のインディアン』
『不都合な真実』
『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』
『ユメ十夜』
『鉄コン筋クリート』

・コンペティション(5作品発表)
『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』
『アート・オブ・クライング』
『フォーギヴネス』
『考試』
『ロケット』

・animecs TIFF(1作品発表)
『パプリカ』

・黒澤明賞発表
受賞者:市川崑


第19回東京国際映画祭
期間:2006年10月21日(土)〜10月29日(日)
会場:六本木ヒルズ(港区)、Bunkamura(渋谷区)ほか
主催:財団法人日本映像国際振興協会(第19回東京国際映画祭実行委員会)

『父親たちの星条旗』
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場情報:10月、丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にて公開
(C)2006 DreamWorks LLC and Warner Bros. Entertainment Inc.

『犬神家の一族』
配給:東宝
劇場情報:12月16日より有楽座ほか全国にて公開
(C)2006「犬神家の一族」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top