アルフォンソ・キュアロン監督最新作、クライヴ・オーウェン『トゥモロー・ワールド』今秋公開決定

最新ニュース

『トゥモロー・ワールド』メイン
  • 『トゥモロー・ワールド』メイン
『天国の口、終りの楽園。』から『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』まで、 独創的な世界観でヒット作を生み出し続けているアルフォンソ・キュアロン監督の最新作、『トゥモロー・ワールド』の日本公開が今秋、日劇1ほか全国にて公開されることが決定した。原作は、4度のイギリス推理作家協会賞に輝く英国作家界の女王P.D.ジェイムズの大ベストセラー“The Children of Men(人類の子供たち/ハヤカワ文庫・9月刊行予定)”で、アルフォンソ・キュアロン自身が脚本も手がけた。

物語は、人類に子供が生まれなくなってしまった西暦2027年を舞台にしたフィクションで、滅亡へと向かう人類と、その存続の鍵をめぐる壮絶な攻防を120億の巨費を投じて描いたアクション・エンターテインメント。出演に『シン・シティ』のクライヴ・オーウェン、『フォーガットン』のジュリアン・ムーア、『バットマン ビギンズ』のマイケル・ケインなど演技派の俳優が名を連ねている。

本作は本年度の第63回ヴェネチア国際映画祭・コンペティション部門に正式出品が決定している。


『トゥモロー・ワールド』
配給:東宝東和
劇場情報:今秋、日劇1ほか全国にて公開
《text:cinemacafe.net》
page top