『太陽』銀座シネパトスで初日動員・興収記録樹立

最新ニュース

『太陽』銀座シネパトスで初日動員・興収記録樹立
  • 『太陽』銀座シネパトスで初日動員・興収記録樹立
  • 『太陽』
敗戦の決断から人間宣言までの昭和天皇を描いた、日本では公開不可能と言われたアレクサンドル・ソクーロフ監督作品『太陽』が、8月5日(土)銀座シネパトスで公開初日を迎えた。公開前日のホームページのアクセス数は1万3千件以上、また劇場への問い合わせが殺到したことから、急遽2スクリーンでの上映が決定。1日7回上映となった初日は、全ての回が上映2時間前にはすでに立ち見という、爆発的なスタートを切った。

当日は35を越える猛暑の中、主な客層を中高年層が占めたが、上は80代以上のシニア層、下は20代カップルや、また子供連れの家族など、幅広い客層で賑わった。

8月5日(土)は、計1,236人の動員を数え、興業収入は1,927,900円。翌日8月6日(日)も、客足が全く落ちることなく全回満席で、計1,234人、1,955,100円という、銀座シネパトスの初日、2日目の過去最多の動員・興収記録を樹立した。

月曜日以降も立ち見が続き、銀座シネパトスでは1日の上映回数を今週末(8月12日)より7回から10回に増やすことを決定。同じく8月5日から公開となった名古屋シネマスコーレ全回立ち見でのスタートを切った。

今後も9月23日(土)より大阪・第七藝術劇場、福岡・シネテリエ天神、9月30日(土)からは札幌・スガイシネプレックス札幌劇場で上映。その後も京都シネマなど全国20カ所(8月7日現在)で順次公開されるなど、ロングランが期待される。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top