『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ナタリー・ケリー、北川景子、ジャスティン・リン監督ジャパンプレミア

最新ニュース

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ナタリー・ケリー、北川景子、ジャスティン・リン監督ジャパンプレミアメイン
  • 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ナタリー・ケリー、北川景子、ジャスティン・リン監督ジャパンプレミアメイン
  • 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ナタリー・ケリー、北川景子、ジャスティン・リン監督ジャパンプレミアサブ1
世界中で大ヒットを記録している『ワイルド・スピード』シリーズ。シリーズ3作目は東京を舞台にしたことで話題の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ジャパンプレミアが8月22日(火)、前日の記者会見に続いて開催された。ゲストとしてヒロイン・ニーラ役のナタリー・ケリーをはじめ、レイコ役の北川景子、ジャスティン・リン監督、そして本作品にテクニカル・アドバイザーとして参加した土屋圭市が登場。

「東京がいちばん大好きな街」というナタリーは映画について、「この映画の描く“TOKYO”を見てください」と挨拶。本作への大抜擢を「大きな通過点」と呼んでいた北川景子さんは、「ハリウッド映画だけでなく、演技ができる仕事であれば、なんでも挑戦していきたい」と意欲を見せた。また本作の監督を務めるジャスティン・リンは「今回の映画を通して、東京とドリフト技術を世界中に紹介したかった」、さらに「人気シリーズの第3弾を手がけることに対してのプレッシャーを楽しんだ」と語った。

もちろん本作の見所はシリーズごとにスケールアップする実写でのカーアクション。本物のドリフト・キング土屋圭市も「シリーズの中で最高の出来」と絶賛する迫力は劇場の大スクリーンで体感してほしい。

終盤、本日誕生日を迎えた北川景子さんにジャスティン・リン監督からの花束贈呈が。拍手に包まれながら、舞台挨拶は終了した。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top