『ライアンを探せ!』オリエンタルラジオ、アニメーション声優に初挑戦

最新ニュース

『ライアンを探せ!』 サブ3
  • 『ライアンを探せ!』 サブ3
ニューヨークの動物園の人気者、子ライオンのライアンが行方不明! 愛する息子を探すために父親ライオンのサムソンと愉快な仲間たちが動物園を飛び出した…。

動物たちの大冒険、そして父と息子の絆を描いたウォルト・ディズニー最新作『ライアンを探せ!』。父親ライオンのサムソンたちがライアンを探す途中で出会う、重要なキャラクターであるカメレオンのコンビ、クロークとカモの吹替えを人気お笑いコンビのオリエンタルラジオが担当することが決定した。ディズニー作品の日本語吹替版の声優になるためには、人気だけでなく作品のクォリティを保つために、声の質やテンポなどが重要視される中で、本作で唯一オリエンタルラジオがディズニー本社から認められ実現した。

更に今回2人は声優だけでなく、宣伝隊長、「ライアンを探す」ための“捜索隊長”として12月16日の公開まで全国でのライアン捜索キャンペーンを行っていく。


・オリエンタルラジオさんのコメント(一部)
「ディズニーが大好きなので、ものすごい光栄です。『モンスターズ・インク』で石塚英彦さんと田中裕二さんが声優をやられていて、お二人のかけあいがとてもかっこよくて、好きでした。今回、僕らもディズニー作品の声優ができてものすごく嬉しいです。僕らがお笑いの世界に入った理由はディズニーなので、もう芸能活動のゴールと言ってもいいと思います。これが最後の仕事になるかも…(笑)」


本作は12月16日より丸の内プラゼールほか全国にて公開。公式サイトでは『ライアンを探せ!』公開記念“動物園の仲間たちイラストコンクール”実施中。(9/29(金)まで)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top