『記憶の棘』レビュー

最新ニュース

『記憶の棘』メイン
  • 『記憶の棘』メイン
  • 『記憶の棘』サブ3
  • 『記憶の棘』サブ4
愛する人と死別した経験を持つ人なら、きっと主人公アナの気持ちが分かると思う。ほんの10歳の少年が、10年前に突然逝った夫の生まれ変わりだと言って目の前に現れたとき、思わずそれを信じてしまったアナの気持ちが。とはいえ、ともすれば陳腐な二流ドラマになる危険性もあった本作を、ロマンティックな物語へと昇華させたのは、ニコールの美しさ。悲しみに暮れる未亡人アナを演じる彼女は、これまで観てきたどの彼女より、繊細に輝いているのだから。年下の(それも10歳の!)少年が好きになっても不思議ではない彼女の美貌は、この作品の鍵。

さらに、アナに対して大人の男顔負けの情熱的なアプローチを繰り広げるショーン役のキャメロン(子役)も、驚異のダメ押し。「ショーンは本当に元夫の生まれ変わりなのか?」というこの映画最大の謎に加え、エンディングが誘発する新たなる謎も、キャメロンの子供とは思えない演技力なくしてはありえない。さすがは、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』をはじめ、今や引っ張りだこの実力派。天晴れな演技に注目です。

《text:June Makiguchi》
page top