ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場

最新ニュース

 ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場
  •  ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場
  •  ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場
  •  ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー『守護神』ワールド・プレミアレッドカーペット、“守護神”佐々木主浩登場
全世界が待望したケヴィン・コスナーの復活作『守護神』のワールド・プレミア試写会が、全米公開(9月29日)に先駆け、現地時間8月7日(木)、アメリカ沿岸警備隊の本部があるワシントンンD.C.で行われた。会場となった、アップタウンシアターは、ワシントンD.C.では最も有名な映画館で、1936年に建てられ、今年で70周年を迎える。スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』(1968)のワールド・プレミアで使用されて以来2回目の開催となった。劇場の前には、100メートルを超えるレッドカーペットがひかれ、その沿道には、TV30台、スチール50人、海外10カ国を含む200人以上のマスコミが集まった。

ケヴィン・コスナーが現れると、会場は一気に盛り上がりを見せた。その中で取材をひとつひとつ丁寧に対応し、日本のメディアに対し「日本人は、ずっとファンでい続けてくれている。日本はすばらしい場所で、僕の映画を愛してくれている。日本人のために映画を作り続けようと思っているよ」と日本のファンにメッセージを送った。本作品で初共演をした、アシュトン・カッチャーは、大スターであり妻でもあるデミ・ムーアとともにレッドカーペットに登場、「ケヴィンは伝説のスター。昨日、彼がマンズチャイニーズ劇場の前に手形を残したのを見たけどほかに並んでいる名前を見れば凄いことだよ。毎日、彼から学ぼうと秘かに観察していた」と語った。

日本からは、日米を通してクローザー(守護神)として活躍した佐々木主浩が、榎本加奈子夫人とともに参加。国外でこのようなイベントに夫婦そろって参加するのは初めてで、緊張した様子でレッドカーペットをスペシャル・ゲストとして歩いた。ケヴィンは佐々木のことを「さすが大リーグでクローザーをつとめていただけあって、体が大きく、頼りがいがありそうだ。まさに『守護神(ガーディアン)』だね」と語っていた。

また、先日行われたミス・ユニバースで準優勝を獲得した、知花くららが将来の夢でもあったインターナショナル・リポーターとして登場。得意の語学を生かして主演俳優のケヴィン・コスナーたちにレッド・カーペット上で堂々と取材を行っていた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top