ケヴィン・コスナー完全復活『守護神』全米好スタート

最新ニュース

『守護神』 -(C) 2006 Holding Pictures Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『守護神』 -(C) 2006 Holding Pictures Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
全世界が待望したケヴィン・コスナー復活作『守護神(原題:The Guardian)』が、9月29日(金)に全米3,241スクリーンで封切られ、オープニング3日間で興収1,766万ドルという順調な成績でスタートした。ケヴィン・コスナー主演作品としては1992年に公開された『ボディガード』(1,661万ドル)、1999年『メッセージ・イン・ア・ボトル 』(1,675万ドル)のオープニング3日間興収を凌ぐ成績で、久しぶりの主演作品に全米のマスコミの注目を集めている。

『守護神』は、任務の過酷さは軍隊をも凌ぐと言われるU.S.Coast Guard(アメリカ沿岸警備隊)を舞台に、“守護神”とよばれた伝説のレスキュー・スイマーの栄光と苦悩、そして男たちの熱い絆を描く。息を呑むダイナミックな海難救助シーンと魂を揺さぶるストーリーが魅力の、まさに超一級のエンターテイメント作品だ。

伝説のレスキュー・スイマー役に数々の名作で全世界を魅了しきたケヴィン・コスナー、そして“命を救うことの意味”を教えられる天才スイマー役には、全米の若者たちに絶大な人気を誇る『バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャーが起用され、2人の絶妙なコンビネーションがドラマを盛り上げている。

日本では、ケヴィン・コスナーの久々の主演作品ともあって、『ボディガード』の配給収入41億円を越える、ケヴィン・コスナー最大のヒットとして期待される。日本公開は2007年2月予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top