『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶

最新ニュース

『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶 メイン
  • 『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶 メイン
  • 『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶 サブ1
  • 『パプリカ』 メイン
ヴェネチア国際映画祭で世界を熱狂させた今敏監督の『パプリカ』が第19回東京国際映画祭にてanimecs TIFFとdigital TIFFの共同オープニング作品として登場。一般の観客にはこれが初めてのお披露目となり、上映前の舞台挨拶では今敏監督、原作者の筒井康隆、時田の声を演じたベテラン声優・古谷徹が登壇し会場は熱気に包まれた。

今監督は「ヨーロッパなどの映画祭を回ってきましたが、一番肝心な日本での公開が遅れて申し訳ないです。『パプリカ』を楽しみにしてくれた皆さんにお礼申し上げます」と挨拶。また初披露を前にしての“『パプリカ』服用上の注意”として、「いろいろ奇妙なイメージが出てきます。ひとつのイメージについての意味や、ストーリーの伏線ではないかなどと考えると映画に置いていかれます。私自身もアップテンポにしすぎたかなと思いますが…(笑)。夢というのは私たちの自由にならないものです。自由にならない奇妙なイメージをそのまま楽しんでいただければと思います」と上映を待ちわびた観客に語りかけた。

原作者で作家の筒井康隆は「この小説は『マリクレール』で連載されていた小説で、大変苦労しましたが、心理学の権威である河合隼雄さんから人を癒す作品であるというお墨付きを頂きました。映画『パプリカ』も癒しの効果がある作品です。皆さんどうぞ癒されてください。友人の江川達也がテレビCMを見て『あんなにすばらしい映像だと作家冥利に尽きるだろう』と言ってくれました」とアニメ映画としての質の高さに太鼓判を押した。

古谷徹はこれまで体重60キロ以上の役をやったことがなかったため、イメージした巨漢の人間の声と自身の実際の声のギャップが大きくて映画を壊してしまうのでは、と考え当初オファーを辞退することを考えたという。しかし監督から、時田の役は今まで彼がやってきたような純粋な少年のイメージで演じてほしいとの要望があり引き受けることを決心。「今は、断らないでよかったと思います」と笑顔で語った。

上映後、会場からは自然と拍手が巻き起こり、観客が興奮した面持ちで会場を後にする姿が見られた。なお今年の東京国際映画祭animecs TIFFでは、今監督のこれまでの作品『PERFECT BLUE』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』、さらにテレビシリーズで人気を博した「妄想代理人」が特集上映される。

©2006 TIFF
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top