ティム・バートン緊急来日!『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』初日舞台挨拶

最新ニュース

ティム・バートン緊急来日『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』初日舞台挨拶 メイ
  • ティム・バートン緊急来日『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』初日舞台挨拶 メイ
  • ティム・バートン緊急来日『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』初日舞台挨拶  サブ1
  • 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3−D』 メイン
1993年に発表したストップ・モーションの金字塔『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が、12年の時を経て“ディズニー・デジタル・3D”という究極の魔法を吹き込まれた。 デジタル上映ならではの画面の美しさと立体映像ならではの臨場感に、観客はあたかも映画そのものに包まれたような感覚に引き込まれる。

10月21日(土)、公開初日を迎えた本作を記念して、製作・原案・キャラクター設定を担当した鬼才ティム・バートン監督が初日舞台挨拶を行った。

今回の来日は『チャーリーとチョコレート工場』以来1年ぶり8回目。初日舞台挨拶付チケットは、発売開始3分で売切れてしまい、チケットが取れなかった大勢のファンたちが劇場付近でティム・バートンを一目見ようとつめかける場面もあった。

ティム・バートン監督が登場すると客席からの歓声と拍手が鳴り止まず、監督は少し照れながら客席に手を振って笑顔で応えた。観客に挨拶をした後に、「これから僕が歌を歌います!」と冗談をいいながら、舞台上に用意してあったジャックのぬいぐるみに寄りかかるなど、おもしろく、とてもかわいい一面を見せ、客席はさらに盛り上がった。

原点とも言える作品が3Dとして甦った感想は? と言う質問に対し、バートン監督は「この作品は、立体的に造られているので、より良い形で表現する事が出来る。本来の姿を感じ取って頂きたい」と応えた。作品を観た感想は? と聞かれると「大変気に入った。芸術家の仕事がより良く見ることができる。特に質感などの作品のピュアなところが表現できた」と、とても満足した様子で答えた。最後に観客に「今日はたくさんの方が劇場に来てくれてありがとう。この作品が、3Dで上映される事ことは私にとってとても重要で意味のあることです。それと、日本のおもちゃは世界一だね!」とメッセージを送った。

舞台挨拶後には、イクスピアリ内プラネット・ハリウッドでスペシャルファンミーティングが開催され、Yahoo!JAPANで募集をした「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス仮装コンテスト」に書類選考で通過した46組の出場者が、全国から気合いの入った仮装姿で集結。ティム・バートン監督が審査長を努め、10月22日にYahoo!JAPANライブチャットで行われる最終審査に進む10組を選出した。監督は、「あまりにも素晴らしかったので難しい決断でした。今日はすばらしいコスチュームで来て頂き本当にありがとう。これから毎日このような格好をしてほしい」と嬉しいコメントを残し、仮装コンテストは大盛況に終わった。
《text:cinemacafe.net》
page top