テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目

最新ニュース

テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目
  • テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目
佳境に突入した東京国際映画祭6日目。六本木ヒルズでは、1975年のイギリスでデビューを飾った結合体双生児ロックバンド、ザ・バンバンの栄光と悲劇を描いた『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』記者会見が行われ、初来日となるキース・フルトン&ルイス・ペペ監督が登壇。鬼才テリー・ギリアム監督もが惚れ込んだ両監督を一目見ようと多くのマスコミが集まった。更にこの日は初日のレッドカーペットで18人のベリーダンサーたちを引き連れた派手な演出で話題を呼んだ『TANNKA 短歌』のキャスト・スタッフも記者会見に勢揃い。先日は鮮やかなブルーのロングドレスで美しいスタイルを披露した黒谷友香が今回は大胆にスリットの開いたUngaro(ウンガロ)のピンクのドレスで登場。会場はなんとも艶やかなムードに包まれた。



続きはこちら!
会期中毎日更新! 第19回東京国際映画祭レポート

©TIFF
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top