「本当の家族に思えた」『キトキト!』大竹しのぶ、平山あや、石田卓也、吉田康弘監督完成記者会見

最新ニュース

『キトキト!』大竹しのぶ、平山あや、石田卓也、吉田康弘監督完成記者会見 メイン
  • 『キトキト!』大竹しのぶ、平山あや、石田卓也、吉田康弘監督完成記者会見 メイン
  • 『キトキト!』大竹しのぶ、平山あや、石田卓也、吉田康弘監督完成記者会見 サブ1
  • 『キトキト!』大竹しのぶ、平山あや、石田卓也、吉田康弘監督完成記者会見 サブ2
時に反発し合いながらも温かい愛情でつながった母と子供たちの波乱万丈の物語『キトキト!』。本作の完成記者会見が主演の石田卓也、大竹しのぶ、平山あや、そして吉田康弘監督の4名を迎えて行われた。“キトキト”という言葉は映画の舞台となった富山で“活きがいい”“新鮮”という意味の方言。このタイトルにふさわしく吉田監督は27歳という若さで今回初めてメガホンをとった。報道陣を前に少し緊張した面持ちで「自分の“お母ちゃん”の物語を映画にしようと思い、僕なりの目線での家族愛をテーマに撮りました」とデビュー作にこめた思いを語った。

肝っ玉母さんの智子を演じた大竹さんも「ワンシーンごとに監督のお母さんに対する愛が詰まった映画です。『映画っていいなぁ』と久々に思えました」と監督の思いを代弁した。石田さん、平山さんとの共演についても「2人が私の本当の子供のように思えた」と語ったが、実際、あるシーンでは2人の演技を横で見学しながら“母”として感情移入して思わず涙がこぼれそうになったという。

「脚本を読んだ時、優介の気持ちがよくわかった」と語った石田さん。優介を演じてゆく中で普段は近すぎてわからない親の大切さを実感したという。自らの役作りについては富山県の高岡市での撮影の当初は方言による演技に難しさを覚えたというが「慣れてくると普段の現場でも方言で会話してました」と語るほど上達したとのこと。

駆け落ちをして家族のもとを去り、東京でキャバクラ嬢として働く優介の姉、美咲を演じた平山さんは「念願のヤンキーを演じることができて夢が叶いました」と笑顔で語った。また、自由奔放で愛に生きる美咲を演じるうちに「こういう女性って素敵だなぁ…。私もこうなりたい」と思うようになったという。会見に出席した4名全員が「本当の家族に思えた」と語るほどリアルに、そしてストレートに家族の愛が描かれた本作。公開は2007年春、シネカノン有楽町、渋谷アミューズCQNほか全国にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top