ある日届いた、となり町との戦争のお知らせ…サプライズ小説、完全映画化『となり町戦争』2007年2月上旬公開決定

最新ニュース

『となり町戦争』 メイン
  • 『となり町戦争』 メイン
ある日届いたとなり町との戦争のお知らせ…16万部を売り上げたベストセラー小説「となり町戦争」が映画化され、2007年2月上旬に公開されることが決定した。

「舞坂町はとなり町・森見町と戦争を始めます。開戦日5月7日。」ある日突然「となり町」との開戦が宣言され、町役場から偵察業務に就かされた“僕”(江口洋介)は、その業務遂行のために、対森見町戦争推進室の“香西さん”(原田知世)と夫婦生活を始める。現実感がないまま、着実に進んでいく戦争を描いた衝撃作の映画化だ。

第17回小説すばる新人賞選考会で物議を醸し、多くの作家や批評家から絶賛された三崎亜記原作の衝撃作が、遂に映画化。一見シュールなシチュエーションだが、そのテーマが示すものは、戦争、地方自治行政、そして男女の感情の一線…その一線を越える物語。リアルで不条理な世界、これは真に我々に最も身近な戦争である。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top