デンゼル・ワシントンと国民的美少女がレッドカーペットで対面『デジャヴ』ワールドプレミア

最新ニュース

デンゼル・ワシントンと国民的美少女がレッドカーペットで対面『デジャヴ』ワールドプレミア メイン
  • デンゼル・ワシントンと国民的美少女がレッドカーペットで対面『デジャヴ』ワールドプレミア メイン
  • デンゼル・ワシントンと国民的美少女がレッドカーペットで対面『デジャヴ』ワールドプレミア サブ1
  • デンゼル・ワシントンと国民的美少女がレッドカーペットで対面『デジャヴ』ワールドプレミア サブ2
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーを務め、監督にトニー・スコット、そして主演に2度のアカデミー賞に輝くデンゼル・ワシントンという豪華スタッフ・キャストで放つ衝撃のサスペンス・アクション『デジャヴ』。全米公開に先駆けての本作のワールドプレミアがニューヨークで最も伝統ある劇場、ジークフェルドシアターで行われた。

会場前のレッドカーペット沿道には200名を超すマスコミと500名以上のファンがつめかけ、ワシントンを始めとする俳優陣や豪華ゲストの来場に大きな盛り上がりを見せた。日本からはスペシャルゲストとして「第11回国民的美少女」に選ばれた林丹丹が出席。“日本の美”で海外のマスコミを大いに沸かせた。

レッドカーペットにワシントンが姿を見せると会場はこの日1番の盛り上がりを見せた。日本のマスコミに対し「『デジャヴ』は自分の出演作の中で最高の1本になる。日本の方も必ず楽しんでくれると信じている」と語り、作品の出来映えに自信を見せた。また、着物姿で現れた林さんを見ると「ため息が出るほど美しい! 撮影が間に合っていれば、是非ヒロイン役をやって欲しかった」と褒めちぎり、さらに「いい役者になるには、いろいろなジャンルの作品にたくさん出演し、経験をつむことが大切」とアドバイスを贈った。

日本を飛び越え、海外の一大イベントに出席した林さんは、「いままで体験したことのない、ハリウッドの雰囲気を体験できて感動しました」とコメント。ハリウッドNo.1プロデューサーと言われるブラッカイマーとも対面し「緊張しました」と興奮気味に語った。

また、上映後に映画の感想を求められると「映像にも迫力がありましたが、ストーリーがとても面白かったです。自分も体験したことのある“デジャヴ”に事件の謎が隠されているというところが面白かったです」とコメントした。いつかはハリウッド映画にも出演したいと語る林さん。「もう1度レッドカーペットを歩ければと思います。その時に“デジャヴ”を感じてしまうかも」と笑顔で語った。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top