シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.4 “TV界のアカデミー賞”エミー賞常連に注目

最新ニュース

シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.4 “TV界のアカデミー賞”エミー賞常連に注目
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.4 “TV界のアカデミー賞”エミー賞常連に注目
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.4 “TV界のアカデミー賞”エミー賞常連に注目
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.4 “TV界のアカデミー賞”エミー賞常連に注目 サブ2
映画の世界にアカデミー賞があるように、テレビの世界にはエミー賞があります。これはATAS(米国テレビ芸術科学アカデミー)の提唱で1948年に誕生した賞で、その年に顕著な実績を残した番組、俳優、スタッフなどに贈られます。そこで、今回はエミー賞の常連でもある良質なドラマたちを紹介しましょう。

まず、真っ先に注目したいのが「ザ・ホワイトハウス」。これは米大統領とそのスタッフが織り成す日常のドラマを軽快に綴った政治ドラマで、2000〜2003年までのエミー賞作品賞を4年連続で受賞しました。「政治ドラマなんて難しそう!」と思われたかもしれませんが、そんな心配は一切無用。ホワイトハウスの毎日をテンポのよい会話劇と共に見せていく本作は、登場人物たちの個性的なキャラクターと、彼らのウィットに富んだ(けれど少々おとぼけありの)トークがキモ。大統領狙撃事件から選挙戦まで、ドラマチックな出来事を盛り込みつつ、涙あり、ハラハラドキドキあり、ラブあり、笑いありの政治の裏側を綴ったストーリーも魅力となっています。大統領を演じたマーティン・シーンは映画界でも知られるベテラン俳優ですが(新作映画『ディパーテッド』にも出演!)、このドラマでさらに人気を高めました。

また、「ザ・ソプラノズ」はマフィアのボスのハードボイルドな日常を描いたもので、これまたとっつきにくそう…。と思われたでしょうが、こちらもノー・プロブレム。主人公のマフィア、トニー・ソプラノはマフィアと家庭の二重の“ファミリー”生活でストレスをため、セラピー通いをしなくてはならなくなったトホホ系マフィアで、劇中に見られる独特のユーモアと鋭い人間描写が人気の秘密となっています。とはいえ、マフィアの世界が舞台なのですから、バイオレンス上等、犯罪上等の内容になっているのも事実。過激なシーンも辞さないリアルな作品世界が評価され、「ザ・ホワイトハウス」の5度目の作品賞受賞を阻みました。

さらに、「ザ・ソプラノズ」と同じテレビ局が生んだ「シックス・フィート・アンダー」も注目しておきたいところ。

映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞脚本賞を受賞した名脚本家アラン・ボールが手がけた「シックス・フィート・アンダー」は、郊外住宅地に暮らす人々の憂鬱を描いた『アメリカン・ビューティー』のドラマ版とも言えるもので、シリアスな人間ドラマにブラックユーモアをまぶしたテイストとクオリティも引き継いでいます。アメリカで放送が始まった2001年度、本作は監督賞など6つのエミー賞に輝きました。

ここ数年、海外ドラマは映画に劣らないクオリティの高さが顕著に表れ始めたと言われています。それに伴い、エミー賞への注目度も一層増してきました。1本の良質な映画を観る感覚で、海外ドラマをチョイスする。そんな楽しみ方をしてみたいものですね。




「ザ・ホワイトハウス」
12月17日(日)シーズン3 スタート
毎週日曜23:00ほかSuper! drama TVにて放送中
©Warner Bros. Entertainment Inc.

「シックス・フィート・アンダー」
シーズン1&2 全26話一挙放送
1月1日(月)〜1月6日(土)深夜1:00〜5:00
毎週金曜23:00ほかSuper! drama TVにて放送中
©2006 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved.

「ザ・ソプラノズ」
第1話より7話一挙連続放送
12月31日(日)22:00〜5:00
毎週金曜24:00ほかSuper! drama TVにて放送中
©2006 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. TheSopranos(R) is a registered service mark of Home Box Office, Inc.
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top