あこがれのスターに会える方法、教えます!『デート・ウィズ・ドリュー』ブライアン・ハーズリンガー監督来日インタビュー

最新ニュース

あこがれのスターに会える方法、教えます!『デート・ウィズ・ドリュー』ブライアン・ハーズリンガー監督来日インタビュー
  • あこがれのスターに会える方法、教えます!『デート・ウィズ・ドリュー』ブライアン・ハーズリンガー監督来日インタビュー
  • あこがれのスターに会える方法、教えます!『デート・ウィズ・ドリュー』ブライアン・ハーズリンガー監督来日インタビュー
  • あこがれのスターに会える方法、教えます!『デート・ウィズ・ドリュー』ブライアン・ハーズリンガー監督来日インタビュー
あるクイズ番組の最後の質問の答えが“ドリュー・バリモア”だったという理由で、その賞金1,100ドルを元手にドキュメンタリー映画を作ってしまった男、ブライアン・ハーズリンガー。映画界において全く無名だった彼を監督へと突き動かしたのは、6歳の頃から憧れ続けるドリュー・バリモアに「会いたい!」という情熱。超有名なハリウッド・スターとのデートをするために奮闘する30日間を追った『デート・ウィズ・ドリュー』とは一体どんな映画なのか、そして無茶苦茶な企画を実行したブライアン・ハーズリンガーとはどんな男なのか!? 来日した監督に単独取材を敢行した!

「日本はもちろん世界中でこの映画が公開されるなんて夢みたいだよ!」と、この映画を制作するいきさつを話し始めるブライアン。「僕は6歳の頃からドリューのファンで、ファンクラブにも入っていたんだよ。そして、あるゲーム番組に出場したときのラストの答えがドリュー・バリモアだったんだ。それは何かのサインだと思った。自分の夢に向かえというね」。確かに、誰にも憧れの人はいるけれど、それを実際に行動にしてしまうことがすごい。「そうなんだよ! それがこの映画のメッセージでもあるんだ。人生は短い。夢に向かっていかないとあっという間に人生は終わってしまうからね!」。そう答えながら劇中でも登場するファンクラブから送られてきたというドリューのプロマイドを嬉しそうに見せてくれた(写真左下)その姿は少年そのものだ。

ドリュー・バリモアとデートをするという無謀な計画を実現させるためにブライアンはあらゆるコネを使って奔走。1カ月以内に返品すれば全額が戻ってくるという量販店の返品保証制度を利用して購入したハンディカメラを手に、エステ、ダイエット、『チャリエン』のプレミア潜入…などを試みる。その中で特に思い出深いエピソードを訊ねてみた。「一番恥ずかしかったのはドリューに似た人とデートのシミュレーションをしたこと(苦笑)。一番恐かったのは偽造パスでプレミアパーティに潜入したことだね」とブライアン。そして「そうそう、もうひとつ恥ずかしかったことがあるんだ! 元彼女からアドバイスをもらうために電話をしたら、僕と付き合っていたのは僕がかわいそうだったからって言われてしまったんだよ(苦笑)」と話す表情は心なしか切なそうだった…。

ここ数年のドキュメンタリー映画というと『華氏911』『スーパーサイズ・ミー』など社会風刺的な作品が目に付くが、この『デート・ウィズ・ドリュー』がそれらと違うのは“感動”“夢”“笑い”が詰まっていること。「ドキュメンタリーの最大の魅力は実際に起きた事実であること。何億ドルをかけたハリウッド大作であっても『えっ、こんなもの?』という作品があるだろう? 僕らの予算はそれに比べてものすごく低額だけれど、多くの人に感動を与えることができるんだ」とは言っても制作のゴール(ドリューとのデート)が約束されていたわけではない。挫折はあったのだろうか。「やめようと思ったことは一度もないよ。成功すればドリューとデートができるし、失敗したとしても30日間やってきたことに無駄はないからね」。このポジティブさがブライアンの魅力なのだろう。

取材中、動画用に回しているカメラを(必要以上に)意識しながらコメントしたり、持ってきたビデオカメラで取材側を撮影したり、とってもチャーミングなブライアン。一緒にいるとそれだけで楽しくなってしまう不思議なオーラの持ち主だった。最後にこれからの目標を訊ねると、「今はこの映画のテレビ版を親友たちと一緒に作ったり、映画の脚本を書いたりしているんだ。もちろん、映画も作っていきたいと思っているよ。ドリューが参加してくれたら最高だね」。ブライアン・ハーズリンガーが今後どんな作品を生み出してくるのか、今から楽しみで仕方ない。

《text:Rie Shintani》

特集

page top