シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.8 「PB」のアイディアマンに聞く!シーズン2はどうなる…?

最新ニュース

シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.8 「PB」のアイデアマンに聞く!シーズン2はどうなる…?
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.8 「PB」のアイデアマンに聞く!シーズン2はどうなる…?
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.8 「PB」のアイデアマンに聞く!シーズン2はどうなる…?
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.8 「PB」のアイデアマンに聞く!シーズン2はどうなる…?
海外ドラマの世界には、クリエイターと呼ばれる人々がいます。クリエイターとは映画における監督のような存在で、いわば企画責任者のようなもの。各ドラマによってクリエイターの役割は若干異なりますが、クリエイティヴ面における最重要スタッフと考えて差し支えないでしょう。最近のドラマ界で最も有名なクリエイターと言えば、映画『M:i:III』の監督でもあるJ.J.エイブラムス(TVドラマ「LOST」)が挙げられます。

さて、「プリズン・ブレイク」(以下「PB」)にも、もちろんクリエイターが存在します。彼の名はポール・シェアリング。長年脚本家として地道な活動を続けてきた彼は「PB」をヒットさせ、一躍売れっ子クリエイターの仲間入りを果たしました。シェアリングは「PB」の脚本家チーフと製作総指揮も兼任していますが、天才の弟が刑務所に入り、無実の罪を着せられた兄を助けようとするストーリーラインは彼が考え出したもの。名作映画『大脱走』が大好きで、刑務所を舞台にした物語を書いてみたかったというシェアリングですが、番組開始当初は「刑務所のドラマなんて視聴者は観てくれるのだろうか?」と不安に思っていたそうです。

また、主人公のマイケル・スコフィールドは刑務所の見取り図をモチーフにした絵を全身に刺青し、その絵を頼りに脱走計画を練り上げますが、この設定も「刑務所には何も持ち込めないし…。そうだ! マイケルにタトゥーをさせよう!」とシェアリングが思いついたのだとか。1作のドラマを生み出す人物は、かなりのアイデアマンでなくてはならないようです。そんな彼には「PB」のヒットと共に映画界からもオファーが殺到。今後はドイツ映画『es [エス]』のリメイクなどを手掛ける予定となっています。

現在は全米で放映中の第2シーズンに取り組んでいる真っ最中で、放送局のFOXからはすでに第3シーズンの構想を練るよう依頼されているというシェアリング。そんな彼いわく、「第1シーズンは数年前に閉鎖されたシカゴの刑務所で撮影を行ったけれど、第2シーズンからはダラスで撮影しているんだ。刑務所じゃなく、屋外でだよ」とのこと。ということは…、もしかして脱走計画の行方は…? ちなみに、マイケルが最少限の人数で秘密裏に進める脱獄計画がまた1人また1人と囚人にバレ、想定以上の人数で脱獄せざるを得なくなる展開も「PB」のスリリングな点ですが、これは「第2シーズンの登場人物の数を調整するため(笑)」なのだとか。ヘンにリアルな製作秘話ではありますが、ということは…、やはり刑務所内の囚人たちで大賑わいだった第1シーズンとは異なるシチュエーションになるということ?

まずは発売中の第1シーズンを観て、高まる期待と共に第2シーズンを待ちましょう!



「プリズン・ブレイク」コレクターズBOX2
発売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント
定価:¥10,290(税込)
発売日:12月16日

©2006 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
《text:Hikaru Watanabe》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top