パート2ではもっと裸に!?『悪夢探偵』松田龍平、hitomi、安藤政信、塚本晋也監督初日舞台挨拶

最新ニュース

『悪夢探偵』舞台挨拶 松田龍平、hitomi、安藤政信、塚本晋也監督 メイン
  • 『悪夢探偵』舞台挨拶 松田龍平、hitomi、安藤政信、塚本晋也監督 メイン
他人の夢に入る能力を持った青年が猟奇的な連続殺人事件の謎を追うアクションスリラー『悪夢探偵』。ローマ国際映画祭と釜山国際映画祭における同時ワールド・プレミア上映、海外からのリメイク・オファーの殺到など公開前から大きな話題となっていた塚本晋也監督の新作が1月13日(土)ついに初日を迎えた。本編上映後の舞台挨拶には塚本監督を始め主演の松田龍平、hitomi、安藤政信が登壇。作品に込めた思いを語った。

“悪夢探偵”こと影沼京一を演じた松田さんは詰めかけた観客を前に「たくさんの方が見に来てくれて嬉しいです。今日はありがとうございます」と挨拶。今回の役柄は心に闇を抱えるネガティブなヒーローだが撮影段階で素直に役に入り込めたとのこと。ただ、“裸に黒マント”という設定を聞かされた時はさすがに「どうなるんだろう?」と思ったという。

そんな松田さんを“悪魔探偵”に仕立て上げた張本人・塚本監督はこのキャスティングについて「まさにぴったり。夢に入るとしたら、この人しかいないでしょう」と太鼓判を押す。本作をシリーズ化したいと考える塚本監督だが「パート2ではもっと裸になっていただきたいと思います」と満員の観客に宣言。会場を大いに盛り上げた。

また今回が初の映画出演となるhitomiさんは「まだ自分の演技も客観的に見れていない」と語りつつも「エキサイティングで楽しかったです」と撮影を振り返った。

“キレた”演技が注目の安藤さん。監督が「足が折れるのでは?」と心配するほどの迫力の演技を見せている。作品について「僕が説明しちゃうと、言葉不足で伝えきれないのですが、めちゃめちゃ良かったです」と力を込めた。

本作が長編映画第10作目となる塚本監督が「命がけで撮った」と語る、『悪夢探偵』。シネセゾン渋谷、池袋シネマサンシャインほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top