新感覚“髪フェチ”ジャパニーズホラー『エクステ』栗山千明トークイベント

最新ニュース

新感覚“髪フェチ”ジャパニーズホラー『エクステ』栗山千明トークイベント@立教大学 メイン
  • 新感覚“髪フェチ”ジャパニーズホラー『エクステ』栗山千明トークイベント@立教大学 メイン
  • 『エクステ』 メイン
  • 新感覚“髪フェチ”ジャパニーズホラー『エクステ』栗山千明トークイベント@立教大学 サブ2
『紀子の食卓』『HAZARD』『気球クラブ、その後』と、昨年立て続けに話題作を発表した鬼才・園子温監督の最新作『エクステ』。若者たちの青春を描いた前作から一転、これぞ園子温の真骨頂とも言うべき、新感覚の恐怖と快感を描いた本作は、まさに“臨毛体験”体感ムービー。五感に強烈な衝撃が怒涛に襲い掛かる。1月18日、『エクステ』で主演を務める栗山千明が立教大学にてトーク座談会を開催し、映画の話題からプライベートな話題まで、大勢の学生のから様々な質問を受けた。

栗山千明は本作で、美容師を夢見る可憐な主人公・優子を演じる。「今回はナチュラルに演じることができました。現場もワイワイと明るい雰囲気で楽しかった。共演者の大杉漣さんは衣装を着ると本人だと気がつきませんでした(笑)」

しかし、ホラー映画に出演した感想を問われると「実は、ホラーを観るのは苦手」という栗山さん。「『エクステ』は霊的な怖さと精神的な怖さがあって、怖いですよ」と感想を語った。また、そのような“怖がり”という栗山さんに、学生からリラックス方法は? という質問が及ぶと「休日は家でゲームをしたり、アニメを見たり。小さい頃からマンガやアニメが好きで、今でもたまに秋葉原に行きます」と、プライベートを明かしてくれた。

少女の怨念がとり憑いた髪の毛が人を襲う——大量の髪の毛が登場する『エクステ』。栗山さんは美しい黒髪の髪のお手入れ方法を聞かれると「お風呂上りにはきちんと乾かすようにしてます。多分無理だと思うんですが、丸坊主にしてみたいです。ナタリー・ポートマンの坊主がとてもかっこよかったんで」と、意外なコメントを返して場内はさらに盛り上がった。

さらに同日、大学でのトークイベントの後に丸の内にて、共演の大杉漣と園子温監督、主題歌を歌う町本絵里を加えて完成披露試写会の舞台挨拶に登壇。大杉さんは「園監督作品に出演できて本当に嬉しいです。この年齢になっても、こんな役が出来るんだという発見がありました。はしゃいでいるオジサンなんですけど…すごく楽しかったです!」と、髪フェチ男・山崎役での怪演を振り返り、園監督は「世界で初めての“髪の毛ホラー”是非、楽しんでください!」と本作への期待を語った。『エクステ』は2月17日より池袋シネマサンシャインほかにて全国順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top