意外なアカデミー賞ノミネート?

最新ニュース

『ドリームガールズ』 メイン
  • 『ドリームガールズ』 メイン
先週ついに、アカデミー賞のノミネート作品が発表されましたね。私はちょっと驚いたかな…いや、予想出来たのかもしれません。先ず、『ドリームガールズ』が作品賞にノミネートされなかったことが話題になりましたね。この映画はビヨンセ、エディ・マーフィ、ジェイミー・フォックス、そして新星ジェニファー・ハドソン(「アメリカン・アイドル」出身)をキャストに迎えたミュージカルですが、ノミネートは確実と言われていたので、少し残念でした。全体では今年最高の8ノミネートを果たしましたが、最多ノミネート作品が、作品賞を逃したのは史上初めてなんですよね…。何でノミネートされなかったのでしょう? 個人的には、本作はすでに多くの注目を集めていたので、アカデミーはちょっと聞き飽きていたのかもしれないな、と思います。時々、メディアや一般大衆に人気の映画でも、アカデミーからは無視されてしまうこと、あるんですよね。

とにかく、アカデミー賞当日が楽しみです。私の予想では…先日『ラストキング・オブ・スコットランド』を観てきましたが、フォレスト・ウィッテカーが主演男優賞を受賞すると確信しました。本当に名演ですよ! 映画も素晴らしかったです。作品賞には、マーティン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』にあげたいですね。受賞はもう随分延び延びになってしまっている感じですよね。監督本人も「アカデミー賞を受賞しようと思って映画を作れるわけではなことは学びました。これだけは予想出来ないので…」。

最後に、助演女優賞にノミネートされているジェニファー・ハドソンにも注目しています。彼女の才能はかなり前から話題になっていて、この映画はまだ観ていないんですけど、とにかく彼女が輝いていると聞いてます。共演のエディ・マーフィも揃って助演男優賞を受賞出来るといいですね。

さぁレースは始まったばかり…様々なドラマもこれからです!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top