三浦アキフミ&奇兵隊『長州ファイブ』松陰神社ヒット祈願イベント

最新ニュース

行動に移す勇気を『長州ファイブ』三浦アキフミ、ヒット祈願イベント メイン
  • 行動に移す勇気を『長州ファイブ』三浦アキフミ、ヒット祈願イベント メイン
  • 行動に移す勇気を『長州ファイブ』三浦アキフミ、ヒット祈願イベント サブ1
  • 『長州ファイブ』 -(C) 2006「長州ファイブ」製作委員会
幕末の激動の中、新たな時代を切り開くため命を懸けてイギリスに渡り、後に“長州ファイブ”と呼ばれた、伊藤博文・井上馨・井上勝・遠藤謹助・山尾庸三の若き5人の長州藩士。日本の近代化の中心を担った5人の、知られざる若き日の活躍を描いた『長州ファイブ』がいよいよ2月10日(土)より公開される。公開に先立ち、東京・世田谷の松陰神社にて、伊藤博文役の三浦アキフミが参加してのヒット祈願が行われた。

松陰神社は松下村塾を主催した、吉田松陰を祀っており、塾からは幕末の偉人が数多く輩出された。三浦さん扮する伊藤博文も門下生のひとり。こうした縁もあり三浦さんは役が決まって以来、何度もこの神社を訪れているという。松陰の墓前に献花し、宮司によるヒット祈願を受けた三浦さんは「つい先日も初詣に来たばかりでした。そんな馴染みの深い神社でヒット祈願が出来て嬉しく思います」と語った。

また、神社での祈願の前には、幕末の長州で高杉晋作によって結成された「奇兵隊」の一行が近くの商店街を練り歩き、通りかかった女子高生や買い物客が立ち止まって声援を送る姿も見受けられた。この粋な演出には三浦さんも感激した様子。「銃を持った奇兵隊が強そうなので、僕も普段と違って、あまり笑わないようにして“力強さ”を表現してみました」と語った。

作品について三浦さんは「『長州ファイブ』は、伊藤博文を始め立派な人物ばかりですが、若い頃は僕らと同じように、悩みや不安を抱えていたはずです。でも、とにかく行動に移してみる、という勇気は見習いたいですね。映画を見た人に『悩む前に行動する』というメッセージが伝われば良いなと思います」と語った。本作は2月10日(土)よりシネマート六本木ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top