安倍首相夫人も期待を寄せる『長州ファイブ』松田龍平、山下徹大、北村有起哉、三浦アキフミ、前田倫良初日舞台挨拶

最新ニュース

安倍首相夫人も期待を寄せる『長州ファイブ』松田龍平、五十嵐匠監督ほか初日舞台挨拶
  • 安倍首相夫人も期待を寄せる『長州ファイブ』松田龍平、五十嵐匠監督ほか初日舞台挨拶
幕末の混乱期、新しい時代を切り開くため命をかけてイギリスへ旅立ち、後に“長州ファイブ”と呼ばれた5人の若き志士の姿を描く『長州ファイブ』。本作が2月10日(土)に公開初日を迎え、シネマート六本木にて行われた舞台挨拶には“長州ファイブ”の5人を演じた松田龍平、山下徹大、北村有起哉、三浦アキフミ、前田倫良と五十嵐匠監督が登壇した。

山尾庸三を演じた松田さんは「山口県での撮影は侍の衣装なので形から役に入れたが、ロンドンに渡った後は洋服での撮影だったので、侍の精神を保ち続けるのに苦労した。腰に手を添えるなどして、細かく雰囲気を出すように心がけました」と、侍の役作りについてエピソードを披露。

井上勝役の山下さんが「今の日本の基礎を築いたのが20代の若者だったということを、若いみなさんに見てほしい。一生懸命さを“格好悪い”と思う人が多いけど、“一生懸命さが世の中を動かしたさま”を目に焼き付けて欲しい」と若い観客への熱いメッセージを贈ると、遠藤謹助役で山口県出身の前田さんも「長州ファイブの存在は世の中にあまり知られていないので、この映画を通して多くの人に知ってもらいたい」とアピールした。

さらに井上馨役の北村さんは「それぞれの人物の“熱さ”をこの映画から感じ取って欲しい。海外ロケでは現地のスタッフと深く交流でき、自分自身成長できた思い出深い作品になった」とコメント。また伊藤博文役を演じた三浦さんは「天国にいる本物の長州ファイブが“俺たちの生き様を現代に伝えてくれ”と言っている気がした」と撮影を通しての感想を語った。

そんな5人の俳優について五十嵐監督は「それぞれ偏屈者で癖が強いが、心根は筋が通っていて男らしい。素晴らしい役者である彼らを演出できたことに感謝しています」と絶賛。「吉田松陰先生の実学に“見る前に飛べ”、“考える前に行動しろ”というような言葉があるが、今回は“ぐだぐだ考えているより、行動してから考えればいいんじゃないか”という思いで作りました」と撮影に臨んだ心境も明かしてくれた。
 
その後「日本の未来を担う子供たち」として“長州ファイブJr.”が登壇すると、英国風の山高帽に三つ揃いといった子供たちの姿に場内からは歓声があがった。さらに山口県出身の安倍晋三首相の夫人・昭恵さんから「この作品が“美しい国・日本”の創造に連動することを期待します」という祝電が届くと、若い女性から年輩の男性まで幅広い年齢層で満員の会場からは拍手が沸き起こった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top