シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.13 刑事のカンと肉体で勝負!デヴィッド・ボレアナズ

最新ニュース

シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.13 刑事のカンと肉体で勝負!デヴィッド・ボレアナズ
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.13 刑事のカンと肉体で勝負!デヴィッド・ボレアナズ
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.13 刑事のカンと肉体で勝負!デヴィッド・ボレアナズ
  • シネマカフェ的海外ドラマ生活 vol.13 刑事のカンと肉体で勝負!デヴィッド・ボレアナズ
男前スター紹介第5弾の今回は、「BONES(ボーンズ)」のデヴィッド・ボレアナズをピックアップ! 骨を鑑別する法人類学者のヒロインが研究所の仲間やFBI捜査官とチームを組み、様々な事件を解決へと導いていく「BONES」は、「CSI:科学捜査班」などでおなじみのスタイルとなっている1話完結型犯罪捜査ドラマ。毎回勃発する事件の謎に被害者の人骨などから迫っていくという、ちょっと変わったアイデアが番組の持ち味となっています。

その「BONES」でデヴィッドが演じているのは、主人公の女性博士テンパレンス・ブレナンと共に捜査を進めるFBI捜査官シーリー・ブース。元陸軍の狙撃兵で、過去には戦争を体験したこともあるブースは、男っぷりのいい敏腕捜査官。ただし、頭脳派というよりは刑事のカンと肉体で勝負!なところがあり、無論頭脳派のブレナン博士とギャイギャイ意見をぶつけ合いながら、事件を解き明かしていく過程が面白さを生んでいます。

もちろん、男女がパートナーシップを組んで毎回目標に向かうわけですから、ブレナン博士とブースの間には、ほんのりラブ?な雰囲気もあるような、ないような……。ともあれ、頭脳派ヒロインをさり気なくフォローし、時には彼女を命の危険から守る男気捜査官ブースは、「犯罪捜査ドラマにだって胸をキュンキュンさせたい!」という女性たちから熱い視線を浴びているのです。

ブースを演じるデヴィッド・ボレアナズは、海外ドラマファンには説明さえいらないスター俳優。サラ・ミシェル・ゲラーをブレイクさせた人気ドラマ「バフィー 恋する十字架」で彼女の相手役を務めていた男前俳優と言えば、思い出す人も多いでしょう。デヴィッド自身も「バフィー〜」をきっかけに飛躍した俳優と言えますが、その飛躍度はかなりのもの。何せ、「バフィー〜」でデヴィッドが演じていたキャラクター、エンジェルを主人公に、新たなるドラマ「エンジェル」が作られてしまったほどですから、人気の度合いも計り知れます。

ただし、そんなデヴィッドにとって、エンジェル役で定着したイメージが足枷になっていたのも事実。ヒロインに恋する苦悩のヴァンパイア、エンジェルのキャラは精悍な顔立ちのデヴィッドにハマっていたからこそ、彼自身のキャリアに大きな影響を及ぼしました。しかし、「BONES」のFBI捜査官ブースはこれまたデヴィッドにぴったりで、エンジェルのイメージを払拭するほど。エンジェル役の彼を知る人も知らない人も、ぜひ「BONES」のデヴィッドをご覧あれ!




「BONES」
毎週金曜日22:00〜23:00(字幕)
7月7日よりFOX TVにて放送開始
©2003-2004 Twentieth Century Fox Film Corporation
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top