ヤバイ役者にヤバイスタッフが作ったヤバイ映画がついに完成!篠原涼子、江口洋介、キャスト勢揃い『アンフェア the movie』完成披露試写会

最新ニュース

ヤバイスタッフが作ったヤバイ映画がついに完成!『アンフェア the movie』完成披露試写会 メイン
  • ヤバイスタッフが作ったヤバイ映画がついに完成!『アンフェア the movie』完成披露試写会 メイン
  • ヤバイスタッフが作ったヤバイ映画がついに完成!『アンフェア the movie』完成披露試写会 サブ1
  • ヤバイスタッフが作ったヤバイ映画がついに完成!『アンフェア the movie』完成披露試写会 サブ2
ハードボイルド&サスペンス路線を貫き、絶大な支持を受けたテレビドラマ「アンフェア」の映画化『アンフェア the movie』がついに完成し、主演の篠原涼子を始めとした主要キャストの江口洋介、椎名桔平、成宮寛貴、加藤雅也、大杉漣、寺島進が集合。バツイチ、子持ち、大酒飲み、しかも美人、そして、検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事、雪平夏見の活躍を描いた本作の舞台挨拶が2月15日(木)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。
 
篠原涼子「連続ドラマだった『アンフェア』という作品がみなさんの応援によって映画になって、私が今、この場所に立っていられるのは、本当にみなさんのおかげです。ありがとうございます。映画はドラマの時よりも女性の方にもすごく共感してもらえると思います。是非、自由な目で観てください」

江口洋介「スペシャルドラマの時からこの“アンフェア”メンバーに加えていただき、斉木陣という公安の男を演じさせていただきました。もう出来上がっている『アンフェア』のグラウンドで精一杯遊ばせてもらいました。すごく良い映画になっていると思いますので、みなさん楽しんでください」

椎名桔平「僕が演じるのはテロリストのリーダーなんです。えぇ、えぇ、悪いのは私なんですが(笑)。この映画は、誰が悪いというよりは、誰がアンフェアなんだ、という作品だと思います。ストーリーが二転三転して、本当に分からなくなってしまうくらい、いろんな人物に焦点が当たっていきます。実は、僕が演じた“後藤国明”という名前が大好きなんですよ。役を作る時に、テロリストなのに“国明”、つまり国を明るくする、というような…。国に対して憂いを持つ男にしたいと思って演じました」

成宮寛貴「僕は、病院立てこもり事件の占拠犯のリーダーを演じました。役名は戸田というんですが、下の名前はないです…付けて欲しかったな(笑)。本当にすごく難解な、最後まで分からない作品になってます。今日ご覧になったみなさん、結末も言っちゃダメなんですけど、途中経過も秘密にしておいてください」

加藤雅也「三上薫役の三上薫です(笑)。頭を使って隅々まで観てください。絶対に一度だけじゃストーリーはつかめませんから。つまり…公開が始まったらもう一度観てください。それでもダメならもう1回。3回くらい観れば大丈夫ですね、監督? そういうことになってますので、よろしくお願いします。僕が演じる“薫ちゃん”は便利屋さんみたいなもので、何か困ったことがあると、三上が(寺島さん演じる)山路課長の物まねでつじつまの合わないストーリーを強引に突破してしまったりするキャラクターです。今までのイメージを変えることが出来たという意味では思い出に残る大切なキャラです」

大杉漣「僕は『アンフェア』はずっとドラマを見ていました。スペシャルで江口さんが登場されたのを見て『いいなぁ』と思っていたら、それがいきなりこんなことになっちゃいまして。入江という権力志向の強い、イヤ〜な男を一生懸命、僕なりに演じさせていただきました。一人でも多くの方に観ていただきたいと思います」

寺島進「今日はみなさん、ようこそいらっしゃいました! ヤバイ小林監督と、ヤバイ役者さんたちとヤバイ芝居をしまして、ヤバイ映画が出来ました。『アンフェア』ファンのみなさんのおかげです。ありがとうございます。この作品は、役者さんによって台本がちょっと違ったりするんです。だからお互い相手が本当はどうなのか分からないんです。自分も本当に最後まで騙されました。読み合わせの時に困るんですよ。『今、何ページ?』『24ページ』。なのに、28ページを開いていたりして。“アンフェア”な現場でした」

小林義則監督「ヤバイ映画が出来ました。本当にみなさんのおかげです。そして、豪華でヤバイキャストのみなさんのおかげです。このドラマが映画になるとは全然思っていなくて、今日はみなさんにご覧いただけて感無量です。ちょっと見逃して『あれ、今の何だ?』と考えていると次の事件にいっちゃってます。考え直すのは家に帰ってからにしてもらって、上映中は目を皿のようにして観ていただくと、思わぬところに思わぬものを発見できるのではないかと思います。最後まで楽しんでください」

出演者がそれぞれドラマ・映画を問わず、作品に対する思い入れやキャラクターに対する思い入れを語り、サスペンスフルな本編とは正反対に和やかな舞台挨拶となった。『アンフェア the movie』は3月17日(土)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top