“素敵な夜”は監督と!『素敵な夜、ボクにください』吹石一恵、占部房子、関めぐみ、枝元萌、中原俊監督 初日舞台挨拶

最新ニュース

0226_sutekinayoru_aisatsu_main.jpg
  • 0226_sutekinayoru_aisatsu_main.jpg
  • 0226_sutekinayoru_aisatsu_sub1
  • 0226_sutekinayoru_aisatsu_sub2
売れない女優と挫折した韓国人カーリング選手の恋を軸に、カーリングでの冬季オリンピック出場を目指す彼らの挑戦を描いたスポーツ・ラブコメディ『素敵な夜、ボクにください』。本作が2月24日(土)、公開初日を迎え、主演の吹石一恵をはじめ占部房子、関めぐみ、枝元萌ら共演陣、監督の中原俊が舞台挨拶に登壇した。“カーリング”“韓国”“青森”など様々な要素を持った本作だけに登壇者からは多様な側面からの作品に対するコメントが聞かれた。中原監督は「初日は何回やってもドキドキするもの」と語ったが、吹石さんをはじめ“カーリングエンジェルス”の4人は、映画さながらに元気なコメントで会場を大いに盛り上げた。

カーリングでオリンピックに出場し有名になることを目論む主人公・いづみを演じた吹石さんは、撮影を通じて初めて体験したカーリングにすっかりハマッた様子。「見ているより実際にやる方がずっとずっと難しいんですけど、やればやるほど、どんどん面白くなっていきました」と語った。ちなみに吹石さんはカーリングを勝手に“魔性のスポーツ”と呼んでいるとか。またキム・スンウとの共演について、彼のことを「オッパ(お兄ちゃん)」と呼んでいたことを明かし「英語がとても上手だったので、英語の先生になっていただいたり、ハングルも教えていただきました」と現場での一体感を感じさせた。実際、撮影前は言葉や文化などの違いに不安を感じていたという吹石さんだが「ひとつの作品を良い品にしたいという思いがあれば関係ないのかなと思いますね」と力強く語った。

現場でのスンウさんとのコミュニケーション方法について話が及ぶと、関さんは「私はほとんど歌で会話していました」と語り、占部さんから「関さんは動物語でも話してましたよ」という突っ込みが。さらに関さんがスンウさんに「早く帰りたい」「めんどくさい」などという言葉を教え現場で連呼させていた事実が明かされると場内は笑いに包まれた。ちなみに言葉に関しては占部さんは韓国語を、枝元さんも津軽弁を勉強したというが、先生や地元の人々との会話を楽しみながら学んだ様子。

共演の男性陣と監督の中で、“素敵な夜”を一緒にすごすなら誰?という質問に吹石さんは意外にも(?)監督を指名。理由として眼鏡をかけてない監督をこの日初めて見たことを挙げ「眼鏡のない監督と映画以外の話をいろいろとしてみたいです」と語った。続いて占部さんが「私はキム・スンウさん…。あ、でも、監督」と言うと会場からは大きな笑いが。さらに枝元さんも「監督にデートを演出してほしい」と監督に一票。最後に枝元さんが迷いつつも「韓国語を話すことができるので、教えてほしい」という理由で飛坂光輝さんの名を挙げると、吹石さんが「それって告白じゃない?(笑)」と突っ込み、再び場内は笑いの渦に包まれた。『素敵な夜、ボクにください』はシネマート新宿、シネマート六本木、シネマート心斎橋ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top