レトロ・スペクティブ上映中!キム・ギドク監督舞台挨拶

最新ニュース

レトロ・スペクティブ上映中!キム・ギドク監督舞台挨拶  メイン
  • レトロ・スペクティブ上映中!キム・ギドク監督舞台挨拶  メイン
  • 0228_kim_aisatsu_sub1.jpg
  • 070228_kim_aisatsu_sub2.jpg
途方もない想像力と、誰もが「頭の中を見てみたい!」と驚くような作品を次々と発表している韓国の鬼才・キム・ギドク監督。その彼の13品目である『絶対の愛』の公開を記念して、デビュー作『鰐(ワニ)』を除く全作品の特集上映企画「スーパー・ギドク・マンダラ」が渋谷ユーロスペースにて実施中。その初日である2月24日(土)に『絶対の愛』のプロモーションで来日中のキム・ギドク監督による舞台挨拶が行われた。

まずは、「このようにたくさんのみなさんが僕の2作品目の『ワイルド・アニマル』を観に来て下さって、本当にありがとうございます」と照れくさそうに挨拶した監督。あまりにもあっさりした挨拶にMCも観客も驚いてしまったほどだった

映画監督になる前はフランスに放浪の旅に出ていたという監督。この日上映された『ワイルド・アニマル』はそのフランスで撮影が行われた。「1990年にお金も持たず、物乞い同然でフランスに渡り、非常に辛い経験もたくさんしました。そうした中で私がフランスで目にしたものを一つにまとめた作品です」。続いてこの作品を撮ろうとした目的について、こう語ってくれた。「目的は3つありました。一つは南(韓国)の問題、もう一つは北朝鮮の問題、最後に、韓国での養子縁組の問題です。韓国では、誰も引き取り手のいない子供が養子として外国に出されることが度々問題視されているのです。ですから、『ワイルド・アニマル』の主人公も3人います。韓国を離れてフランスで画家として生活をしている人、北朝鮮を脱出してフランスの外国人部隊に入ろうとする人、養子として海外に引き取られて、そこでストリップガールをしている人です」と作品について紹介してくれた。90年代の朝鮮半島は今よりも状況が緊迫しており、朝鮮半島の南北はお互いに憎しみ合う関係にあった。そうした状況の中で外国から朝鮮半島を眺めてお互いを和解させたいという気持ちが強かったそうだ。「『JSA』の低予算版だと思って下さい(笑)」とは監督の弁。

そして話は3月10日(土)に公開される『絶対の愛』に及んだ。「以前、スペインのサンセバスチャン映画祭に行った時に、ある外国映画を観たんです。その映画には2人の女優さんが出てくるんですが、その2人がそっくりで、観ているうちにどっちがどっちか、わらかなくなって混乱したことがありました。そのことについて考えているときに、こうしたイメージの映画を撮ったらどうか、と思いついたんです。つまり、似たような顔の人が2人出てくるんですが、誰が誰だかわからなくなるような映画です」

『絶対の愛』はある女性が、恋人を愛するが故に整形をし、名前を変えて他人として恋人の前に現れるというストーリー。エピソード、ラスト共に衝撃的な作品になっている。「女優としては新人のパク・チヨンさんと、『女は男の未来だ』のソン・ヒョナさんが、その女性を演じています。実は2人をキャスティングした後に、2人が似ていると思いました。演じているのは、パク・チヨンさんは整形前、そしてソン・ヒョナさんが整形後です。2人ともベストを尽くしてくれました」と最新作の仕上がりにも満足な様子の監督だった。

「スーパー・ギドク・マンダラ」は3月16日(金)まで渋谷ユーロスペース2にてモーニング&レイトショー上映中。シネマカフェでは監督のインタビューも近日掲載予定なので、そちらもお楽しみに!

渋谷ユーロスペース
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top