妖怪?だめんず?『松ヶ根乱射事件』山下敦弘監督、新井浩文、山中崇、三浦友和、木村祐一初日舞台挨拶

最新ニュース

妖怪?だめんず?『松ヶ根乱射事件』山下敦弘監督、新井浩文、山中崇、三浦友和、木村祐一初日舞台挨拶 メイン
  • 妖怪?だめんず?『松ヶ根乱射事件』山下敦弘監督、新井浩文、山中崇、三浦友和、木村祐一初日舞台挨拶 メイン
とある地方の田舎町・松ヶ根を舞台に、あるカップルの来訪をきっかけに均衡を失ってゆく町の様子と、人間の持つ悲哀をユーモアを込めて描いた『松ヶ根乱射事件』。昨年の東京国際映画祭のコンペティション部門にも出品された本作が2月24日(土)初日を迎え、主演の新井浩文、山中崇、三浦友和、木村祐一、山下敦弘監督による舞台挨拶が行われた。

山下監督は開口一番「大げさなタイトルの割には5発しか乱射がなくてすみません」と挨拶した。監督は、劇中で描いた松ヶ根の住人たちを「かわいいんだけど、グロテスクで毒もあって妖怪っぽい」と表現。

“妖怪”扱いされたキャスト陣に、ダメ人間を演じてみて新たに気づいた自分のダメな部分は?との質問が投げかけられる。主演の新井さんは「持続性のなさ」を挙げ「現場でお酒を飲まないって決めたのにすぐ飲んでしまいましたね」と苦笑い。

三浦さんは、“ダメ親父”を演じることに当初は戸惑ったものの「よく考えたら自分とあんまり差がなく、少しはマシかなというくらいのところ」とのこと。若い監督の作品や規模の小さな作品への積極的な参加が目立つ三浦さんだが、撮影当時20代だった山下監督について「これから日本映画を支えていく一人になるのは間違いない」と称賛し「是非応援してあげてください」と呼びかけた。

山中さんが演じた光も松ヶ根のダメ男の一人。新井さん演じる光太郎とは双子の兄弟という関係だったが、自身と新井さんの性格について「新井さんは男っぽい。“オス”という感じがしますが僕はなよなよしてますね。真逆です」と語る。二卵性の双子ながらポスターの2人の姿が似ているという指摘もあったが、意識的に似せようとしたことは全くなかったという。「目つきが悪いところは似てますね」とは新井さんの弁。「(スクリーンに)映ると似てないんですよね」と声を揃えた。

木村さん演じる西岡も当然(?)“だめんず”で犯罪者。「警官を悶絶させる中の一人なので気楽にやらせていただきました」と語る。中学生の頃に占いで“将来は芸能人か犯罪者になる”と言われた自身の過去を明かし「犯罪者から芸能人にはなれませんが、芸能人から犯罪者にはなり得ますので気をつけなければ、と思いますね」と自戒を込めたコメントで会場の笑いを誘った。作品については「初めは主人公たちの視点で『周りにこんな人たちがいたらたまらんな』と思って観て、2度目は違う人の気持ちになって、と何度でも楽しめる作品です」と太鼓判を押した。

『松ヶ根乱射事件』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top