ロバート・アルトマン監督の遺作がいよいよ公開!『今宵フィッツジェラルド劇場で』

最新ニュース

『今宵、フィッツジェラルド劇場で』 メイン
  • 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』 メイン
  • 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』 サブ2
  • 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』 サブ1
ロバート・アルトマン監督を知らないという人であっても、世界3大映画祭(カンヌ、ヴェネチア、ベルリン)で最高賞を受賞、米アカデミー監督賞は史上最多の5度ノミネートという受賞歴を聞けば、いかに素晴らしく、いかに才能ある映画作家であったのかが分かるだろう。本作『今宵、フィッツジェラルド劇場で』は、彼の代表作の一部『ナッシュビル』『カンザス・シティ』同様に音楽を題材にしたトラジコメディ(悲喜劇)であり、また、2006年11月20日にこの世を去った(享年81歳)アルトマンの遺作でもある。

30年以上にわたって放送され続けているギャリソン・キーラーが司会を務める公開ラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」。この実在する番組をモチーフに、アルトマンはラジオ番組のライブ感、そこに流れる音楽、生々しい人間ドラマをみごとに映像化した。まさにラジオの視覚化(ちなみにキーラーは映画の原案・脚本・出演を兼ねている)。そして、カントリー、フォーク、ゴスペル、ジャズ、クラシック、グリーングラスといった様々な音楽が流れるなかで、時にユーモラスに、時に残酷に、番組に出入りする人物たちの人生を映し出していく。

ワンセグが当たり前になりつつある現代から見たら、ここで描かれるラジオ公開番組はとても古めかしいものかもしれない。しかし、“人との繋がり”という大切なメッセージをミュージカル、コンサート、演劇、そのすべての感動を混ぜ合わせて表現した、なんとも贅沢な作品なのである。

《text:Rie Shintani》

関連ニュース

特集

page top