あの新庄もびっくりデジャヴ体験『デジャヴ』ジャパンプレミア

最新ニュース

あの新庄もびっくりデジャヴ体験『デジャヴ』ジャパンプレミア メイン
  • あの新庄もびっくりデジャヴ体験『デジャヴ』ジャパンプレミア メイン
ハリウッドのNo.1ヒットメイカー、ジェリー・ブラッカイマーが、監督にトニー・スコット、主演にデンゼル・ワシントンを配して贈る、既視感(デジャヴ)をテーマにしたサスペンス・アクション『デジャヴ』。3月17日(土)の公開に先駆けて3月6日(火)、本作のジャパンプレミアが都内で開催された。会場には、今年連続して公開されるブラッカイマー製作の3作品の応援プロジェクトで総合プロデューサーを務める新庄剛志が来場。あちこちに仕掛けられたサプライズに会場は大きな盛り上がりを見せた。

ジャパンプレミアの始まりを待ちわびる満員の客席。その後方からサーチライトと噴射スモークの中、新庄さんが登場する。ステージに上がると、新庄さんは手にしたバラの花を客席に向かって投げるパフォーマンスを見せた。「アメリカにいた頃に観たDVDでおもしろいと思った作品が全部、ブラッカイマーの映画だった」と語る新庄さん。中でも応援プロジェクト第1弾作品であるこの『デジャヴ』を「ここ5年くらいでNO.1の映画」と絶賛する。2月にロサンゼルスで対面を果たしたブラッカイマーの印象については「自分と似たような雰囲気を持っていますよね(笑)。オーラがあって吸い込まれるような人」と語った。

そのブラッカイマーから特別に寄せられたメッセージが上映された直後にサプライズが。上映後再び明かりがつき、新庄さんがステージに戻ると、それまで新庄さんの背後にいたはずの司会者が消え、同じ人物がまったく反対側から現れる。この瞬間移動に新庄さんも「あ、あれ? これは…デジャヴ?」とびっくり。するとステージの袖から同じ顔と背格好の司会者がもうひとり。実はこの日の司会者はタレントで双子のフリップ フラップの2人。これまで常にサプライズを提供してきた新庄さんが“逆サプライズ”を仕掛けられた。

そんな新庄さんはあるレストランでデジャヴを体験したというが、よくよく話を聞いてみると「『あれ、ここ前にも来たことがある…?』と思ったら本当に来たことがあったんですね。これはデジャヴではないですね」と笑った。舞台挨拶終了後には先ほどのお返しとばかりに新庄さんからのサプライズが。ロビーに偶然居合わせた観客のうち、3組に新庄さんの手から直接チケットがプレゼントされた。他の観客にもスタッフからチケットが配られ、ロビーは一時パニックに。新庄さんならではの嬉しいサプライズとなったが「みんなが喜んでくれて、僕も嬉しかった」と総合プロデューサーは笑顔で語った。

『デジャヴ』は3月17日(土)より日劇1ほか全国にて公開。なお、本作の公開を記念して、3月17日(土)から4月10日(火)まで“抽選で『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』のプレミア試写会が当たる!! ジェリー・ブラッカイマー作品キャンペーン”を実施。プレミア試写会への招待をはじめ、豪華賞品が1,050名に当たる。詳細はこちら
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top