ジュード・ロウ×ジュリエット・ビノシュ×ロビン・ライト・ペン共演『こわれゆく世界の中で』公開初日決定

最新ニュース

『こわれゆく世界の中で』 メイン
  • 『こわれゆく世界の中で』 メイン
恋人・リヴとその娘と何不自由ない暮らしを送る建築家のウィル。だが、愛し合いながらも2人はある事情から入籍はせず、微妙な距離を保ったまま生活を共にしている。ある日ウィルは、オフィスでの盗難事件をきっかけに、夫を亡くし息子と2人で貧民街で暮らす女性・アミラと知り合い、心を奪われる。正体を隠してアミラのもとに足を運ぶウィル。やがて2人は結ばれるが、運命は残酷すぎる真実を2人に突きつける…。

真実の愛とは何か——。“永遠のテーマ”とも言えるこの問いの答えを求め、2人の女性の間でもがく男の“心の旅”を描いたアンソニー・ミンゲラ監督の最新作『こわれゆく世界の中で』。本作の公開初日が4月21日(土)に決定した。

主演はミンゲラ監督をよく知る2人。ウィルに扮するのは『リプリー』『コールド マウンテン』とミンゲラ監督作品で2度のアカデミー賞ノミネートを果たしたジュード・ロウ。そして、アカデミー賞9部門を受賞し、ミンゲラ監督の名を世界に知らしめた『イングリッシュ・ペイシェント』でヒロインを演じたジュリエット・ビノシュがアミラを演じる。さらに『舞台よりすてきな生活』のロビン・ライト・ペンが、恋人ウィルの変化に気づき、思い悩みながら少しずつ変化してゆくリヴを熱演している。

愚かしく、哀しい結末が待ち受けようとも、愛を求めて“こわれゆく世界”をさまよう3人の男女。彼らに用意された答えは絶望か? それとも——。『こわれゆく世界の中で』は4月21日よりシャンテ シネ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top