やっぱり『ドリームガールズ』にはドラマが満載!アカデミー賞舞台裏 vol.2

最新ニュース

『ドリームガールズ』 サブ8
  • 『ドリームガールズ』 サブ8
  • 070402_gosship_lisle_main.jpg
  • 『ドリームガールズ』 サブ13
桜満開、春は大好きな季節です。お花見に行かれた方も大勢いるのではないでしょうか?

さて、前回お話したように、今年のアカデミー賞は評価が分かれました。個人的にはMCのエレン・デジェネレスは素晴らしかったと思いますが、全体的に長すぎたとか、色々とクレームがあったそうです。しかし、舞台裏にはもっと様々なドラマが…。

以前ゴシップでお伝えした通り、『ドリームガールズ』のビヨンセとジェニファー・ハドソンの間には、ジェニファーの方がより注目されているというビヨンセの嫉妬から、確執が生じていると噂されていましたよね。ビヨンセのマネージャーでもある、父親のマシュー・ノウルズがスタジオの重役に「もしビヨンセにもっとスポットライトを当てないのであれば、プロモーションには参加させない」と脅迫した、という話もありました。だからこそ、アカデミー賞で最も注目されていた場面はビヨンセとジェニファーによる『ドリームガールズ』メドレーパフォーマンスだったに違いありません。よーく見てみると、2人の視線やボディランゲージからは確かに緊張感が読み取れます。歌声も張り合っているように聴こえましたね。ジェニファーが高音を歌うと、ビヨンセはさらに高く、という感じで…。

ジェニファーは受賞後、バックステージでインタビューに答えていましたが、当然最初に飛んできた質問が「ビヨンセとはあまりに仲が良くない、という噂ですが本当のところはどうですか?」というものでした。彼女はすぐに記者を睨み返して、「あまりにも噂されているけど、全部デタラメ。もう無視するしかないと思って。みんなすごく仲がいいし、素晴らしいキャストでした」と即答していました。でも実際はどうなんでしょうね…。だって彼女は受賞スピーチで、ビヨンセの名前さえ言いませんでしたから。ちょっと変ですよね。

もう1つ、オスカーナイトに勃発した痴話喧嘩は助演男優賞を巡るものでした。今年はベテランのコメディ俳優、エディ・マーフィが『ドリームガールズ』でノミネートを受け、大本命と噂されていました。レッドカーペットのインタビューでは、「もし受賞しなくても、ノミネートされただけで十分嬉しい」と答えていましたが、心の中ではそうは思っていなかったようです。『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキンの受賞が発表された時、なんとエディはあまりのショックに、すぐに席を立って会場を出てしまったんです!! もう会場全員の注目の的でしたね…。

まぁアカデミー賞にこのようなドラマはつきものですからね!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top