映画にまつわるファッション小噺 vol.35 仕事なのか、遊びなのか…

最新ニュース

070405_column_fashion_35_main.jpg
  • 070405_column_fashion_35_main.jpg
3月30日(金)にオープンした六本木の東京ミッドタウンに今週行ってきました。目的は、来日した某女優にインタビューするため。場所は噂のザ・リッツ・カールトン。45階のロビーから、さらにエレベーターで50階へ。残念ながらこの日は曇りだったけれど、何ものにも遮られることのない客室からの眺めは最高! 目の前にはすっくと東京タワーがたっていて、海も見渡せて何とも気持ちが良い。まあ、気持ちが良いのも当然でしょう。宿泊は一泊6万8250円から。最高額のスイートに至っては一泊210万円とか。これからは、度々インタビューで訪れることになりそうですが、宿泊することはなさそうです。

ついでと言ってはなんですが、せっかく来たのだからと、取材後にミッドタウンをぶらぶら。優雅にそぞろ歩くには、あまりに混雑していたけれど、ミッドタウンの大きな特徴のひとつである庭園は青々とした芝が美しく、ゆったりとしていて六本木とは思えないほど。しばらくして落ち着いてから、平日の昼間にのんびり日光浴というのも良さそうです。

高級ブティックとレストラン、カフェ、デリなどが立ち並んでいましたが、やっぱり大行列が出来ていたのは、手頃で、手軽で、大満足が約束されている食品関係の有名店。超高級であっても、チョコレートやジャムなら手の届く範囲。どこへ行っても凄い人と行列なのにややぐったりし、結局私も例にもれず、犬用のおやつと夕食のおかずだけを買って家に帰りました。

それにしても、感心するのはミッドタウンの統一感。TSUTAYAもセブン-イレブンも、ドラッグストアのトモズも、トレードマークともいえるカンパニー・カラーを一切使わない落ち着いた色使いで、ミッドタウン色に溶け込んでいました。

今度は、東京初進出の店に狙いを定めて!!



東京ミッドタウン
ザ・リッツ・カールトン東京
《text:June Makiguchi》
page top