イタリアで話題を呼んだ12作品が日本初上映!GW恒例「イタリア映画祭2007」開催

最新ニュース

イタリアで話題を呼んだ12作品が日本初上映!GW恒例「イタリア映画祭2007」開催 メイン
  • イタリアで話題を呼んだ12作品が日本初上映!GW恒例「イタリア映画祭2007」開催 メイン
  • イタリアで話題を呼んだ12作品が日本初上映!GW恒例「イタリア映画祭2007」開催 サブ1
  • イタリアで話題を呼んだ12作品が日本初上映!GW恒例「イタリア映画祭2007」開催 サブ2
今年で7回目を迎え、ゴールデンウィークの恒例行事となったイタリア映画祭。昨年この映画祭で上映され、今年の初夏に劇場公開される『イタリア的、恋愛マニュアル』を始め、本映画祭で高評価を受け、その後の公開が決定する作品も数多く、イタリア映画と日本を結ぶ架け橋として重要な役割を果たしている。今年は「PRIMAVERA ITALIANA イタリアの春・2007」の一環として、会期を8日間に拡大して、4月28日(土)より開催され、2005年以降に製作された12作品が上映される。

注目はミケーレ・プラチド監督の『犯罪小説』(写真上)。ローマの不良少年たちがやがて裏社会を仕切るギャングになり、次々と犯罪に手を染めてゆく、という70〜90年代にかけて実際に起きた事件を題材にした作品。イタリアのアカデミー賞に当たるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で8部門を受賞、ベルリン映画祭のコンペ部門にも出品された。

マルコ・ベロッキオ監督の『結婚演出家』(写真右上)も話題を呼びそう。『夜よ、こんにちは』が昨年日本でも劇場公開されたイタリア映画界の鬼才が、結婚という切り口から現代における宗教の問題をあぶりだす。

『息子の部屋』などで日本でも多くのファンを持つナンニ・モレッティ監督の新作は『カイマーノ』(写真左下)。イタリア国内で、総選挙が行われた昨年公開され、劇中で主人公が当時の首相に関する映画を製作する、という内容が大きな議論を巻き起こした。こちらはダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞・監督賞など6部門を制し、カンヌ国際映画祭のコンペ部門に出品された。

ちなみに、『犯罪小説』に主演し、初監督作品『気ままに生きて』も今年の映画祭で上映されるキム・ロッシ=スチュアート、『犯罪小説』で彼の恋人役を務め、『カイマーノ』にも出演しているジャスミン・トリンカなどイタリア映画界で注目を集める俳優や監督たちが映画祭のために来日する予定。上記の作品を始めとする12作品に加え、劇場公開作品のプレミア上映や短編、サイレント映画なども上映される今年のイタリア映画祭。4月28日(土)から5月5日(土)まで有楽町朝日ホールにて開催。

©Philippe Antonello / Photomovie

イタリア映画祭 2007
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top