観れば自然と恋のスイッチが入る『初雪の恋〜ヴァージン・スノー』

最新ニュース

『初雪の恋〜ヴァージン・スノー』 - (C) 2007 角川映画・CJ Entertainment・Dyne Film
  • 『初雪の恋〜ヴァージン・スノー』 - (C) 2007 角川映画・CJ Entertainment・Dyne Film
  • 『初雪の恋〜ヴァージン・スノー』 -(C) 2007 角川映画・CJ Entertainment・Dyne Film
  • 『初雪の恋〜ヴァージン・スノー』 - (C) 2007 角川映画・CJ Entertainment・Dyne Film
いつの時代にもどの国にも語り継がれる恋のジンクスがある。日韓合作で作られたこの『初雪の恋〜ヴァージン・スノー』は「初雪の日にデートした恋人たちは幸せになる」という韓国・ソウルの恋人たちの間で信じられている言い伝えから生まれた物語。日本の文化でお馴染みの“お守り”や韓国の若いカップルの習慣“100日記念日”など、日韓それぞれの恋にまつわる小話を織り込むことで、惹かれ合いながらもすれ違う恋人たちというありふれたテーマを新鮮に映し出している。

「純情きらり」(NHK連続テレビ小説)の主演を務め国民的女優となった宮崎あおい、『王の男』で韓国のトップスターの座へと躍り出たイ・ジュンギという、若手俳優の中でも高い評価を得ている2人が共演していることも魅力的。京都とソウルを舞台に、美術を学ぶ七重、彼女の通う高校に転校してきた陶芸家の息子・ミンの国境を越えた爽やかな恋を微笑ましく切なく演じている。

また本作のために森山直太朗が書き下ろした主題歌「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット〜」にも七重とミンの恋模様が綴られている。「きっと 生まれ変わったとしても もう一度君に会いたい」。このフレーズからも、どれだけピュアな恋物語であるのかが伝わるだろう。携帯やメールが当たり前になった現代だからこそなおさら、逢いたくても逢えない切なさや苦しさ、もどかしさが胸を打つのだ。大好きな人に会いに行きたくなる、恋から遠ざかっていた人は恋をしたくなる、観終わった後に自然と恋のスイッチが入るラブストーリーなのである。

《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top