「初恋の人に感謝して」ユーミン新曲が『女帝[エンペラー]』イメージソングに決定!

最新ニュース

『女帝[エンペラー]』 - (C) 2006 Media Asia Films (BVI) Ltd. Huayi Brothers Film Investment Co., Ltd. All Rights Reserved.
  • 『女帝[エンペラー]』 - (C) 2006 Media Asia Films (BVI) Ltd. Huayi Brothers Film Investment Co., Ltd. All Rights Reserved.
チャン・イーモウ、チェン・カイコーと共に、中国三大監督と並び称されるフォン・シャオガン監督が、チャン・ツィイーを主演に迎えて描く、愛と欲望が渦巻く豪華絢爛な復讐劇『女帝[エンペラー]』。シェイクスピアの四大悲劇の一つ「ハムレット」を原案に、復讐の神に魂を捧げた王妃の悲劇が切なく、そして美しくスクリーンに映し出される。

本作のイメージソングが、松任谷由実の新曲「人魚姫の夢」に決定したことが4月25日(水)に発表された。これは本作の配給会社が、日本のポップシーンのトップに君臨する松任谷さんこそが、『女帝[エンペラー]』という作品の強さ、切なさを表現できるとして依頼したもの。チャン・ツィイーのマネージメントサイドも、“Friends of Love The Earth(FOLTE)”として、アジアのトップアーティストともに活動の場を広げるアジア合同音楽プロジェクトなどで活躍している松任谷さんならば是非、とのことで、今回の楽曲提供に至った。

松任谷さん自身もアジア展開の一環として、日中国交正常化35周年を記念した「日中文化・スポーツ交流年」の認定事業に決まっている本作に繋がりを感じて快諾したとのこと。奇しくも、今年は松任谷さん自身もデビュー35周年を迎える記念の年でもあり、また、松任谷さんの愛称“ユーミン”は、13歳の時の初恋の人でもある中国人男性につけてもらったという経緯もあり、いろいろな意味での感謝の気持ちもこめられているという。

チャン・ツィイーだけでなく、グォ・ヨウ、ダニエル・ウー、ジョウ・シュンなど、中国、香港を代表する豪華キャストが集結した『女帝[エンペラー]』は6月2日(土)より有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top