ビョーク、シガー・ロスを生んだアイスランド音楽シーンの原点がここに

最新ニュース

『スクリーミング・マスターピース』
  • 『スクリーミング・マスターピース』
果てしなく続く氷壁と雪に覆われたこの島に、どのようにして音楽の女神は舞い降りたのか——? 世界的に活躍する歌姫・ビョークやシガー・ロス、カラシといった人気ミュージシャンを輩出してきたアイスランド。人口わずか30万人、北海道と四国を合わせたほどの大きさのこの国には、90もの音楽学校、6,000人を超える合唱団員、400のオーケストラが存在する。その豊かな音楽的土壌がいかにして育まれたのか? この夏公開されるドキュメンタリー映画『スクリーミング・マスターピース』はその答えの一端を明かしてくれる。

先述のビョークやシガー・ロスら世界的アーティストのライブ映像やインタビューから、日本ではあまり知られていない無名のミュージシャンの姿まで、その多彩な音楽のありようが丹念に描かれた本作。北欧やケルトからもたらされた文化的影響や、独特の自然環境、欧州とアメリカの中間に位置するという地理的状況なども踏まえて、アイスランド人の遺伝子に刻まれた音楽への情熱とその歴史的背景に迫る。

かつて、シュガーキューブスに在籍した時代のビョークや、カラシの東京でのライブなど、貴重な映像も満載。“氷の国”から届いた熱き音楽ドキュメンタリー『スクリーミング・マスターピース』はこの夏、シネクイントにて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top